【今週の馬場考察】4/16~17 中山

馬場情報

中山競馬場の馬場状態

春の中山開催もいよいよ最終週。4/16㈯には中山グランドジャンプ(J・G1)、4/17㈰には牡馬クラシック第一弾皐月賞(G1)と二つの大レースが組まれている。

そして今週はBコース(Aコースから3メートル外に内柵を設置)3週目。Aコースから通算すると中山は連続開催8週目となる。

まずは先週の結果を振り返ろう。

 

先週の考察と結論

結論

  • リーディング上位騎手が乗ったやや外目の枠を引いた差し馬。
  • パワー型。

土曜のおすすめ

8R ⑬スマートワン 結論のまんま

11R ①マテンロウオリオン―⑥ジャングロ 差し決まる馬場でマテンロウオリオン軽視は難しい。ジャングロはエリザベス女王杯週の阪神で逃げ楽勝と荒れ馬場適性高い。

日曜のおすすめ

9R ⑤ワンデイモア

11R ⑦⑬の格上タイセイ2騎

また、内枠不利なこともお伝えした1800~2200m戦の結果を入線順に馬番で並べるとこうなった。

土曜 

5R 2000m ⑬⑪⑭ 18頭立て

8R 1800m ②⑬⑤ 15頭

日曜

4R 2000m ⑨⑫⑮ 18頭

6R 1800m ⑨⑧④ 9頭

9R 2000m ⑪⑫⑤ 12頭

毎年の事だが当然今年の皐月賞も極端な内枠は割引く。

続いて最後の直線のコース取りを見てみよう。

土曜

5R

8R

10R

11R NZT

前半は手探りでどこを通るのがベストかを各騎手が模索している。NZTで逃げた武豊ジャングロの進路からは少しだけ開けとこうかという思惑が感じられる。

日曜 3R

4R

6R

9R

11R

ここにもう一度土曜日5Rの画像を入れるので直線の荒れ具合を比較してみよう。

さて、今週はスタンド前スタートの皐月賞だ。

土曜8Rでインビタの津村が勝利を挙げているが、おそらくこのレースは何度走ってもほぼこの3頭での決着であったと考える。

超高速決着したスプリント戦では日曜11R春雷Sで勝利したヴェントヴォーチェは最後は外目を通り、もう一鞍好時計の出た土曜10Rのジュビリーヘッドも馬場の真ん中に進路を求めている。

問題は日曜日に桜花賞で一流騎手の大半が阪神に流れ、終日各馬の進路取りが曖昧だったことによって、内を開ければいいのは理解できるがその「程度」が判断できない。

いつも通り可視化できる状態で考察していこう。

馬場状態の変遷

最上段にAコース開幕週~最下段が今週のBコース画像。

3コーナー

 

 

4コーナー

 

直線

 

3コーナーから4コーナーおよび正面のコース内側に傷みがあります

上記が今週のJRAの発表で、これは先週と同じ。

3~4コーナーの画像からは窪みが散見され、事故が心配になるレベル。先週は結構な数の馬が内に誰もいない状態でも大回りでここをやり過ごしていた。

最終週となる今週は本来なら中団外目から進出していく馬買っとけばいいよ。と言いたいところだがなんと木金土と3日連続の降雨☂。重の中山で逃げ馬放置は死を意味する。

結論

  • 1800~2200mは内枠割引。
  • パワー型。
  • 皐月賞は馬場の重さの程度によっては控えめに。

私はここを訪れてくれる皆さんに勝って頂きたいと常に考えている。ド直球に言って皆さんがこれを見て勝ってブログの評判が上がればいずれ私が潤うからだ。

パドックを見てからの情報は手間過ぎてここには書けないので締め切りまでの時間が許せばTwitterで報告する。その精度は各自で判断して下されば良い。勿論推奨馬が沈むこともあるが「良いものは良い」と伝えるだけなので弁解もしない。

だからこそ危険を孕む運に任せた勝負は極力避け、ある程度以上の見込みのある所のみで勝負して頂きたいと切に願う。

例えば4/16㈯の③カヨウネンカなどは露骨に力量上位だが、後方に置かれることもままある上に、今回は少し内過ぎて外に持ち出せるか?普通にインから伸びれるのか?など色々と不透明なのでおすすめとして表記する事も出来ない。

かといって力を出されればすんなり勝たれるので枠と展開利が見込める⑨ベストフィーリングを推す事も出来ないのだ。

私も今週はあまり攻めず、キラーアビリティとイクイノックスは一円も買わない程度に留めておくことにする。(WIN5多点のみ一考の可能性アリ)

 

 

土曜のおすすめ

9R ⑧ローシャムパーク 展開不問。馬番も良いところ。

4/16㈯に行われた2000~2200mのレースでの①~④番枠は(0.0.0.8/8)。7R③カトゥルスフェルス(2.2倍)や9R①エンギダルマ(3.7倍)程度しか人気馬はいなかったが、十分美味しかったのではなかろうか?

但し、皐月賞の1枠両頭①ダノンベルーガはダービーでも好走可能の能力を持ち、②アスクビクターモアは前に行かねばならない脚質上、スタート直後が厳しくなるが調教が最高評価とあっては買わざるを得ない。

皐月賞(G1):出走馬全頭診断②より

日曜のおすすめ

4R ⑥フォーグッド 程よい枠に先行力と安定感。①~④消し

9R ⑧ヒューマンコメディ クラス上位の力量に好枠。①~④消し

11R ⑫ドウデュース  皐月賞:全頭診断②に掲載。③~④、⑱消し💦

他場

4/16~17 阪神

4/16~17 福島

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました