【青葉賞】ディープインパクト産駒の逆襲がここから始まる

こんにちは。勝負の前になんとなく遊んでしまい、複雑な気分のぽぽんです。

 

4/28㈯は第25回青葉賞(GⅡ)

今日の東京は朝の1Rからシンガリ人気が優勝し、単勝39,830円からの3連単1000万越えというとんでもスタート。

穴党の人にとっては夢のある一日の始まり、青葉賞でディープしか買うつもりがない私にとってはひとまず蚊帳の外の事件でございます。

 

 

枠順

府中の2400にフルゲート18頭と、いかにもダービーの足音が聞こえてまいりました。

人気はディープインパクト産駒が5番人気までを独占。

桜花賞と皐月賞にて一頭も3着以内に入れないという未曽有の事態が起こっているディープインパクト産駒ですがダービーまでその状態が続くのは避けたいところであり、ここはディープ産駒の意地と東京適性を信頼します。

 

 

⑧オブセッション

あれ?いま3番人気ですね。

シクラメン賞のレコード圧勝は今後の飛躍を約束するものであり、弥生賞でダノンプレミアムとワグネリアンに次ぐ支持を集めたのはその表れ。

器用さに欠けるとの戦前の予想通り不安は的中し、中山は合わなかったようで4角で逸走してしまいました。

あれをやられたらお話にもなりませんが、潜在能力はここに入ってもトップクラスであり、ダービーをこの馬から行く予定の私としては◎は譲れません。

 

 

⑩スーパーフェザー

馬券的な面から言えば軸はこの馬です。

先週のサングレーザーでアーモンドアイ級の末を炸裂させた福永ですが、掴まってれば勝てる馬は石川でも菱田でも勝てるのです。

仮にあれが33.2ではなく次位と同レベル33.7なら安定の3着。

つまり、そういった面でも勝たなくてもいいここは安定の着狙いをしてくるため馬券圏内には突入してくるでしょう。

勝つようなことがあればワグネリアンファンは小躍りですね。

 

 

 

⑱サトノソルタス

現在僅差の一番人気がサトノソルタス。

この馬のレースぶりをご覧になっている方はご存知でしょうが、まだ2戦しかしてない中に重大な欠陥が判明しています。

真っすぐ走らないんですよ

 

 

オブセッションほどひどい逸走はしていませんが、常に外にヨレてます。

それでも新馬勝ち→共同通信杯2着は力の裏付けではありますが、危険を含んでいる事は承知しておいたほうがよさそうです。

 

 

 

⑫ダノンマジェスティ

この馬も真っすぐ走らないので不安ですね。仕上がり次第です。

 

 

⑥ディープインラブ

前走ブッチギリもメンバーが低調。人気しているなら切り。

 

 

③スズカテイオー

ダノンマジェスティと差のない競馬をしているのにこっちは人気薄。

買うならこっちですよね。

 

 

青葉賞:まとめ

◎ ⑧オブセッション

〇 ⑩スーパーフェザー

▲ ⑱サトノソルタス

△ ③スズカテイオー

 

頭抜けたポテンシャルを持つ⑧オブセッションに期待の◎ですが馬券的にはスーパーフェザーを本命にしたいくらいです。

馬券は⑧の単

馬連ワイドの⑧-⑩

三連複BOX③⑧⑩⑱4点

 

直前でカフジバンガードを一応押さえることにしました。距離が合いそう。

 

 

 

スペシャルウィークよ、安らかに

最後に、昨日亡くなったスペシャルウィーク号のご冥福をお祈りさせていただきます。

超強かったオスペが亡くなった事は大変残念です。

武豊に最初のダービーをプレゼントし、その後もGⅠを3勝。

最強世代という言葉が最強に当て嵌まる世代のダービー馬として永遠に語り継がれることでしょう。

主な同世代

  • エルコンドルパサー
  • グラスワンダー
  • セイウンスカイ
  • キングヘイロー

※東京5Rでスペシャルウィーク産駒が勝ちました。

オスペ、おまえの勝ったダービーを目指す若駒たちを見守ってておくれ。

 

 

 

【青葉賞】ディープインパクト産駒の逆襲がここから始まる

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 


 

 

 

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。