【競馬】第67回京都新聞杯(GⅡ)まずダービーに繋がらなさそうなメンバーだが・・

こんにちは。皆様GWはいかがお過ごしですか?仕事しっぱなしのぽぽんです。

本日5/4㈯は東西でダービートライアルが行われます。

まずは西の第67回京都新聞杯(GⅡ)から。

 

 

 

 

 

枠順

とてつもなくメンバーが小粒。とてもじゃありませんが打倒サートゥルナーリアを成し遂げることが出来る馬はいなそうです。

となると名より実を獲りに来たと考えるのが妥当なので、ここで全力投球してきそうな馬を探すのが正解への近道か。

おっと、雨が落ちてきましたね。。。。。。

 

 

 

 

 

③ロジャーバローズ

前走スプリングSは先行不向きの展開が予想される中、外枠を引いたにも関わらず謎の二番人気。

全くもって飛んで当たり前のレースだったので参考外とし、今回はまだパンパンの京都で内枠を引き、同型各馬もパンチ不足ならここ勝負か?

 

 

 

 

 

④ブレイキングドーン

GⅢ2着、GⅡ3着の実績はメンバー最上位。戦って来た相手を考えてもここは負けられない一戦とも言えますが鞍上は福永。

無理に勝ちには行かず、権利取りの競馬に終始するような気がしますが、それすらしくじってしまう可能性が否めない。

 

 

 

 

 

⑬ヒーリングマインド

マル外のタニノギムレット産駒という競馬ファンの心をくすぐる馬。

ダービーロードにおいてそれなりの地位を持つアザレア賞の勝ち馬は青葉賞ではなく京都新聞杯を選びましたが吉と出るか凶と出るか。

 

 

 

 

 

⑦タガノディアマンテ

今の京都で追い込み一辺倒ではちと厳しい気が。

 

 

 

 

 

⑫レッドジェニアル

最終トライアルで帳尻を合わせるかのように権利を取るのはレッド軍団の18番。

一応押さえましょう。

 

 

 

 

 

⑨フランクリン

好仕上がりで先々は走りそうな馬体。京都新聞杯は鬼とも言えるディープインパクト産駒のこの馬を追加します。

 

 

 

 

 

第67回京都新聞杯(GⅡ):まとめ

◎ ③ロジャーバローズ

○ ⑬ヒーリングマインド

▲ ⑫レッドジェニアル

△ ④ブレイキングドーン

※ ⑨フランクリン

 

もうすぐテニスの全仏オープンも始まりますし、ロジャーフェデラーを応援したい気持ちも含めて今回はコレで行きます。

デキもいいし、これでロジャーバローズ来なかったら寒いな。

 

 

 

 

 

おまけ:プリンシパルS(Ⅼ)

◎ ⑪エングレーバー

 

言わずと知れた私の推し馬。

まともに成長してさえくれればいずれ必ず大きなレースで人気することになりますが、ソエと道悪で全くレースをしなかったきさらぎ賞の走りから恐ろしく人気を落としています。

ソエが完治していて7分の仕上がりなら余裕で勝てるでしょう。

問題は7分あるかどうかだけ

 

さぁ、頑張って行きましょう。

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。