朝日杯フューチュリティステークスで福永に今年の貸しを返してもらう

こんにちは。阪神JF→全日本二歳優駿→名古屋グランプリと轟沈続きのぽぽんです。

 

今日は2歳短距離王決定戦。第69回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

下馬評はダノン二騎と藤沢タワーオブロンドン、そしてステルヴィオが追い込んでくるという形。まずは枠順から

 

枠順

 

外枠不利は周知の通りですが、人気どころはそこそこの枠に入っています。

この枠順ならアサクサゲンキが逃げて、ファストアプローチ、フロンティア、ケイアイノーテックと続き、5番手集団にダノンプレミアムとタワーオブロンドン。それを見ながらダノンスマッシュ、ステルヴィオやダブルシャープは後方で脚をためるといった展開が予想されます。

 

2歳最強マイラーを決める舞台設定

今年の朝日杯は例年通りと言えば例年通りなのですが、ホープフルステークスがGIに昇格した事もあって、余計にマイル路線でのチャンピオン決定戦の色が濃くなっています。クラシック候補筆頭のワグネリアンをはじめとした中長距離志向の強い面々はここには出てきていません。なにしろ前走1800~だった馬はファストアプローチ、ケイティクレバー、そしてダートのイシマツのたった3頭。

 

ディープ VS カナロア VS 藤沢という図式

阪神外回りはディープインパクトの庭。そこに割って入ってくるのは世界最強短距離馬ロードカナロアの初年度産駒達と、あの栗毛の大天才タイキシャトルを始め多くの名マイラーを手掛けた藤沢師という図式で、おそらくこの中から勝ち馬は出るはずです。

 

本命はダノンスマッシュ

2戦目3戦目の内容が素晴らしいの一言。鞍上福永は仕掛けどころのまずさは天下一品ですが、掴まってれば勝てる馬との相性は抜群です。

エリザベス女王杯のリスグラシューの様に他の馬が勝負所で仕掛けていくところをのんびりタメ殺して直線抜けるとこ探せなくて上がり最速で8着など、悲惨でしかない駄騎乗を上級クラスではしょっちゅうやらかしてくれますが、素質だけでどうにでもなる新馬戦や未勝利戦ではいい馬が集まってくるため信頼度が高いのです。

ダノンスマッシュもこれに洩れず、もみじステークスもたっぷり大外回って上がり最速ド楽勝でした。1400を三回走っている馬で、今回は初距離となりますが、まともに走ればこれが馬券を外すとしたら、超絶な駄騎乗以外有り得ないと思います。

先行する馬も多く、人気2頭を見ながら仕掛けどころを間違えなければまず勝つでしょう。

ダノンはダノンでもスマッシュの方だ!

という実況とも幻聴ともとれる声が既に私の耳には聞こえてきています。

一番人気のダノンスマッシュの評価

さて、もう一頭のダノンであるダノンプレミアム。

ご存知阪神外回りの帝王ディープインパクト産駒であり、今回の一番人気。

前走サウジアラビアRCでは今回も上位人気に支持されているステルヴィオをレコードで粉砕しています。

ただ、、、、

レコードとは言え、開幕週のパンパンの府中。明らかに前目に行く馬に有利な馬場でのものなので時計や着差を完全に信頼はできません。もちろん隠し持った戦闘力も計り知れない怖さはありますが、今回は内枠に先行力のある馬が揃い、簡単に番手でレースが進めるかは未知数です。無印に落とすことは難しいので▲評価が妥当でしょう。

 

タワーオブロンドンは昨年2着のモンドキャンノより好素材

この馬が対抗評価なのですが、実際は本命の予定でした。なにしろ瞬発力がえげつないです。やや大型なのでもっさり見える馬でエンジンのかかりもやや遅いのなと思いきや、点火した途端に他馬を置き去りにし始めます。前走京王杯2歳ステークスでは昨年2着のモンドキャンノと同タイムではありますが、キャンノより優秀なラップを刻んで圧勝してここに臨んで来ました。若干トロくさい追走をするのでプレミアムを見ながら、スマッシュのちょい前くらいの競馬になるでしょうか。直線はダノン2騎と追い比べです。先行勢はプレミアムが全部潰してくれるはず。

 

追い込み勢はやはりステルヴィオ

前記3頭の熾烈な争いに待ったをかけるべく、魚雷のように追い込んでくるのはステルヴィオとダブルシャープ。

一角を崩すとすればやはりステルヴィオの方でしょう。前走でダノンプレミアムに水をあけられました形になりましたが、今回ペースがさらに上がるようになれば出番がやってきます。一角を崩すとすればこれですが勝ちきるまではどうでしょうか?いかに優れた上がりを駆使したところで絶望的な程後ろにいては届きません。2~3着ヒモとしての△が妥当です。

 

まとめ

◎ダノンスマッシュ

〇タワーオブロンドン

▲ダノンプレミアム

△ステルヴィオ

 

ものすごくありきたりな印になりましたが順番が違うので勘弁してください。

ド本線は③‐⑫の馬連です。

頑張れ福永、ミスをしないで朝日杯4勝目をあげてくれることを願う。

 

朝日杯フューチュリティステークスで福永に今年の貸しを返してもらう

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

追記:結果。そして有馬は

パドックダントツの一番人気ダノンプレミアムが優勝。

単勝⑫をやや買い控え、馬連①-⑫と3連複①-③-⑫に有馬への夢を託しました。

福永スマッシュはスタートで躓き、勝負所で1頭だけ仕掛けず、直線で垂れてくる馬を交わすのに手間取り、結果2着と1馬身差の5着に敗れるという厳しい結果でした。

レース後にまた「スタートが全て」とか言ったらやべえ奴ですね。

既に泣きそうですが、来週の有馬はどうしましょうね。出てくれば軸鉄板のはずだったレイデオロ君が登録しておりませんので100円も買わないかも知れません。

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します! 「最強説」へおこしいただきましてありがとうございます。 私は現在サラリーマンという素敵な肩書を持ちつつ、もう少し人生楽しむ方法はなかろうか?と毎日試行錯誤しながらブログを書いております。 とにかく笑って過ごしたい!常にそう考えてポジティブ過ぎるブログを立ち上げました。 皆様の一日に微かな笑いとともに、後日使えそうなちょっとしたトリビアをご提供できれば幸いです。いつでも遊びにきてくださいね。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。~の最強を証明してくださいとか大歓迎です。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。