【第54回クイーンⅭ(GⅢ)】クロノジェネシス&ビーチサンバにディープインパクト産駒が挑戦

こんにちは。あっさり無敗が止まったアドマイヤマーズに少し残念なぽぽんです。

 

アドマイヤマーズは少頭数で他に行く馬もおらず、自分でレースを作りに行った結果ダノンキングリーの一瞬の脚に屈し無敗を守る事は出来ませんでしたが、3着以下には相応の差を付けての2着ならさほど悪くないですね。

それにしても今年のダノン軍団はすごい勢いです。勝ったダノンキングリーは2歳チャンプ相手の無敗対決を制してクラシックに挑む有力馬として名乗りを挙げる事になると同時に先週のダノンチェイサーに続く連続重賞制覇も達成。そして牝馬にはダノンファンタジーがおり、他にも将来のGⅠ馬当確とみなしているダノンスプレンダーもいますので今のダノン軍団からは目が離せないですね。

 

 

さて、本日のクイーンⅭですが、そのダノンファンタジーに阪神JFで苦杯を舐めさせられたクロノジェネシスとビーチサンバが登場。一騎打ちかと思われる反面、虎視眈々と隙を窺うディープインパクト産駒の素質馬が数頭参戦し、またしても見応えのある一戦となりそうです。

 

 

 

 

 

枠順

ここ最近の重賞が少頭数になるのは明らかに強い馬が数頭参戦することであわよくばを狙う馬の登録自体が少ないことが原因なのでしょうか?

 

 

 

 

 

⑨クロノジェネシス

今年の牝馬クラシック戦線の横綱と目しているクロノジェネシス。

とにかくアイビーSの内容は圧巻の一言で、阪神JFでは不動の軸としたものの2着と敗れました。

ただ何度見返してもあのレースでダノンファンタジーに先着するのは痛恨の出遅れが無かったとしても正直難しかったような気がします。

今回は他馬より1㎏重い斤量となりますが、女王との再戦に向けての年明け初戦は好発進を決めてほしいところ。

 

 

 

 

 

⑥ビーチサンバ

実績的にも能力的にもクロノジェネシスの対抗一番手はこの馬でしょう。

JFは上位2頭が強すぎた感がありますが、この馬も少しの運が向けば大きなところに手が届く素質は持ち合わせています。前々走のアルテミスSにしても9分9厘勝っていたレースでしたからね。

 

 

 

 

 

⑦カレンブーケドール

実績馬2頭に挑戦状を叩きつけるディープインパクト産駒達の中からはまずこの馬。

デビュー戦でダノンキングリー相手に1000m通過が1.03.5のドスローを上がり最速33.0で頭差まで詰め寄った内容は高く評価出来るもの。

仮にこの馬が勝つと伝説の新馬戦候補のレースが一つ増える事になります。

 

 

 

 

 

第54回クイーンⅭ(GⅢ):まとめ

◎ ⑨クロノジェネシス

○ ⑥ビーチサンバ

 

印を打つのはこの2頭のみ。

さすがに非ディープが一頭も馬券に入らない事はなかなか考え辛いので3連系はデイープをヒモにフランケルは切ります。

 

 

【第54回クイーンⅭ(GⅢ)】クロノジェネシス&ビーチサンバにディープインパクト産駒が挑戦を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。