【第66回府中牝馬ステークス(G2)】休み明けはイマイチだがリスグラシューは秋初戦を飾れるか。

こんにちは。サトノダイヤモンドが石炭になっていることに期待していたぽぽんです。

先週の京都大賞典ではそのサトノダイヤモンドがおよそ一年半ぶりの勝利を飾り、秋の天皇賞へ向けて好発進。まだ石炭にはなっていないようです。

とはいえ3歳秋の絶対王者感はなく、まだまだ本調子手前なのかなといった印象を受けました。

 

 

 

 

東の毎日王冠はアエロリットが優勝。

開幕週で前に行く馬がいないメンバーでしたのでこちらは順当勝ち。

期待していたサトノアーサーは肝心のデキが今一つな上出遅れてレースの流れに乗れませんでした。人気急落必至の次走は狙い目でしょう。

 

 

 

さて、先週のおさらいはこのへんにしておいて今週は秋最初の牝馬ちゃんウィークとして2重賞が組まれています。

まずは10/13㈯の第66回府中牝馬ステークス(GⅡ)

毎日王冠と同条件ですが今回は牝馬のみの争い。

勇躍牡馬に挑戦したアエロリットですが、むしろ全然こちらのほうが相手が強いという理由も少しはあったのでしょう。

覚醒した感のあるディアドラに二冠牝馬ソウルスターリングに春の牝馬マイル王ジュールポレール、そして世代最強の無冠牝馬リスグラシュー。

展開的にもクロコスミアやカワキタエンカのいるこちらより遥かに楽ですしね。

 

 

 

枠順

さすがにこの時期になると牝馬限定戦でも骨っぽいメンバー構成です。

メイズオブオナーは条件馬ではありますが1600万下を一度勝っており、無謀な格上挑戦を仕掛けてきた馬は一頭もいません。好レースになりそうです。

 

 

 

 

⑩リスグラシュー

基本的に古馬牝馬最強なのはこの馬。多少贔屓は入っておりますが2歳時から評価は変わりません。安田記念への出走は完全にミスで、なぜ宝塚に行かないのか疑問でしたが終わった事を言っても仕方がないですね。

この馬は鉄砲はほんと走りませんが地力だけで馬券圏内に突入してきます。

今回はミルコを鞍上に抜擢し、この秋こそは悲願のGⅠ制覇を狙う馬としては負けられないところなんですけどね。

 

 

 

 

④ディアドラ

昨秋の秋華賞でリスグラシューを差し切ってGⅠ馬となったディアドラ。

今年はドバイ遠征で3着のあと札幌のクイーンSを楽勝と充実しています。

目標は先でしょうが夏に一回使っている分今回も走破圏でしょう。

 

 

 

 

⑪ミスパンテール

連勝街道を驀進しましたが肝心のヴィクトリアマイルで痛恨の①番枠を引いてしまいTHE END。

あの内枠不利の馬場で①番枠で5着なら恥ずかしい内容ではなく、ここでも能力的に足りています。デキ次第でしょう。

 

 

 

 

⑥ジュールポレール

そのヴィクトリアマイルを勝ったのがジュールポレールですが、なにしろ幸の好騎乗が光りました。

内枠の先行馬は確実に沈む馬場だったので、先頭二番手に付けると信じて疑わなかったこの馬がまさかの外目7番手追走ですからね。

馬場が見れる騎手とそうでない騎手はこの辺が全然違うので覚えておいて損はないです。

というわけで今回のような地力のぶつかり合いではやや分が悪いと見て消し。

 

 

 

 

①クロコスミア

競馬は多点買いすると負けるゲームです。

空模様を見ても馬場を見ても前残りを考える事が普通であり、①番枠を引いた昨年の覇者を馬券から外すことはちょっと無理筋かなと思われます。

今年に入ってからの成績はイマイチですが、この舞台なら復活があっておかしくないですね。

 

 

 

第66回府中牝馬ステークス(GⅡ):まとめ

◎ ⑩リスグラシュー

〇 ④ディアドラ

▲ ①クロコスミア

△ ⑪ミスパンテール

 

4頭box馬連6点と三連複4点が結論。

馬券の軸としての信頼度から印はこうなりますが、頭ならオッズ的妙味からクロコスミアかミスパンテールではないかと。

 

 

 

【第66回府中牝馬ステークス(GⅡ)】休み明けはイマイチだがリスグラシューは秋初戦を飾れるか?を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 


FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。