【第54回京都牝馬S(G3)】フルゲートの激戦となったこの激戦を制すのはアルーシャだ

こんにちは。最近堅いぽぽんです。

 

難しいのか簡単なのかわからない京都牝馬Sですが、今回は距離適性を重視していきます。

 

 

 

 

 

枠順

このレース限りで繁殖に上がる馬も多い当レース。

引退の花道を飾るか、それともやはり強い4歳馬か。

 

 

 

 

 

⑫アルーシャ

昨年初頭からベストは1400と見ていたアルーシャが4連勝での初重賞を狙います。

 

 

 

 

 

⑪ワントゥワン

相手は同じディープインパクト産駒のこちら。

 

 

 

 

 

第54回京都牝馬S(GⅢ):まとめ

◎ ⑫アルーシャ

○ ⑪ワントゥワン

 

東のダイヤモンドSの8枠と京都牝馬Sの6枠と、奇しくも同じ帽色しか買わない事になりました。

こちらはアルーシャの距離適性に期待します。

 

 

 

 

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
プロフィール
ブログ管理人
ぽぽん

【競馬歴】ミホシンザンが春天を制した日に父に東京競馬場に連れて行かれてから36年。初恋はダイナアクトレス。
【卒論】ヘイルトゥリーズン系の今後
【職歴】大学卒業後大手飲料メーカーに就職も博打の方が数倍割がいいので退職。4号機時代を全力で堪能したあとは体力の限界で引退。心を入れ替えて会社員に戻るも超つまんないので2022年に起業。
【お住まい】千葉県の農地

ぽぽんをフォローする
重賞レース展望
ぽぽんをフォローする
最強説

コメント

タイトルとURLをコピーしました