【第46回エリザベス女王杯(G1)】出走馬全頭診断

11/14㈰、阪神競馬場で第46回エリザベス女王杯(G1)が行われる。

春の大阪杯で無傷のままコントレイルとグランアレグリアをまとめて負かしたレイパパレ、前哨戦でそのレイパパレに苦渋を舐めさせたウインマリリン、3歳世代からは秋華賞母娘制覇のアカイトリノムスメと前売り段階ではこの3頭が人気を分け合っている。

但しこの3頭。それぞれ不安が無いわけではない。

  • 距離が気持ち長い?
  • 戸崎が土日重賞連勝?
  • 肘は大丈夫?

牝馬限定戦は荒れる事を前提として考える場面も多い。実際に当レースでも絶対的女王として出走してきた馬がよもやの敗戦をして来た歴史がある。

いや。今回は堅い。

いやいや。荒れるでしょ。

想いは人それぞれなのでとにかく楽しもう。

今週もあなたの推し馬の激走要素を見つけ出し、それを伝える作業に没頭する。

 

 

 

 

 

 

 

 

エリザベス女王杯

傾向

  • 関西馬が優勢。
  • 4歳馬→3歳馬→5歳馬の序列。
  • 過去10年1番人気(2.3.2.3/10)

エリザベス女王杯:データ

 

 

 

 

 

 

 

出走馬全頭診断

①レイパパレ

〇 秋のG1で全て馬券内のルメール。

〇 無敗のまま現役最強クラスを屠った阪神。

✕ 2200mに伸びて連敗。

✕ Aコース開催12日目での2200m最内は相当な不利。

②クラヴェル

〇 混合戦含む重賞3連続馬券内の安定感。

〇 武史の馬の状態が授業参観出来るほどか微妙で今回は父兄参加型。

〇 阪神2戦2連対。

✕ 開始早々後手を踏む事が濃厚な②番枠。

③アカイトリノムスメ

〇 親含む全てのガチャに完全勝利する豪運。

〇 秋華賞でまだ余力のある勝利。

✕ ③番枠。

④イズジョーノキセキ

〇 阪神は(2.4.1.3/10)と走り慣れた競馬場。

〇 前走負けた相手は将来を嘱望される超良血。

✕ 未だ条件馬。

⑤ステラリア

〇 展開に左右されない自在性。

〇 3歳ワンツーがあるなら本馬の好走が不可欠。

✕ 秋華賞は展開に恵まれてもあそこまで。

⑥ランブリングアレー

〇 オールカマーはソフト仕上げで本来の出来になく、今回は上積み有。

〇 前が流れる展開。

✕ 吉田隼人は今週秋の関西G1で良いところ無し。

⑦シャムロックヒル

〇 今回の穴馬はキズナ産駒に集中。

〇 言うまでもなくクイーンスプマンテの前例。

✕ とはいえ今回はさすがに逃げ先行が多すぎる。

⑧テルツェット

〇 今まで一度も力負けをしたことが無い。

〇 キレる脚もあるが、今回必要な「しぶとい脚」も兼備。

〇 これ以上ない最強枠。

✕ 私の本命という十字架。

⑨ウインマリリン

〇 能力上位に疑いの余地無し。

〇 強敵相手のG2勝ちを3つ。残すはG1の勲章のみ。

〇 しぶとい脚、距離適性と今回の必須要素クリア。

✕ 肘の状態。これがどうかだけ。

⑩ムジカ

〇 阪神(0.2.2.1)と勝ち星はないが馬券率8割。

〇 ⑧テルツェットに匹敵する絶好枠。

✕ 未だ条件馬。

⑪ソフトフルート

〇 G1好走歴もあり、昨年(6着)以上も可能。

〇 好枠のひとつ。

✕ 阪神(0.0.1.4/5)どちらかといえば左回りが向く。

⑫デゼル

〇 G1レベルでも人気を集める素質。

〇 2戦2勝の阪神で好枠。

✕ キレ過ぎる脚は今回不要。

⑬リュヌルージュ

〇 大逃げがあるならこの馬も候補。

✕ 6歳以上不振の当レースで唯一の6歳馬。

⑭ロザムール

〇 隣枠リュヌルージュと仲良く大逃げ。

〇 相当な距離適性と血統的なスタミナ背景。

〇 どこまでも躊躇なく行け池添。

✕ あまりにも先行勢多数。

⑮ウインキートス

〇 オールカマーではG1馬2頭をゴール前交わしたが、決して展開に恵まれてのものではない。基本的に先行馬だが、あの競馬が出来たのは大きい。

〇 持続力のある末脚を阪神の絶対王者だった父から受け継ぐ。

〇 やや外過ぎるが長期開催の今回は内枠よりマシ。スタート直後に内2頭が飛び出すので実質⑬番。

〇 目の上のたんこぶウインマリリンに今回は不安有り。

✕ 丹内という重り。今回だけは駄騎乗は許さん。

⑯アカイイト

〇 そもそも関東圏では走らない馬で前走はむしろ好走。

〇 どっしり構えて前潰れ。

〇 赤は赤でもアカイイト。

✕ 重賞実績ゼロ。

⑰コトブキテティス

〇 メンバー屈指のスタミナ自慢。

〇 ARG共和国杯でなくここに来た意気込み。

〇 善臣さんが乗ると3戦2勝。

✕ 中京を越える遠征は初。

✕ 重賞成績はG3で10着が1回のみ。

 

 

 

 

まとめ

◎ ⑧テルツェット

〇 ⑮ウインキートス

▲ ③アカイトリノムスメ

△ ⑨ウインマリリン

✕ ⑥ランブリングアレー

✕ ⑯アカイイト

 

◎と〇は非常に迷ったが、枠と鞍上で◎は⑧テルツェット。③アカイトリノムスメは枠さえ良ければ◎だったが、悪馬場の内枠に加え、止まる逃げ馬の煽りを受ける可能性が3頭の中で最も高いので▲まで下げた。

△ウインマリリンは肘に何の問題もなければ好走必至だが惨敗もある。

✕に展開と馬場の恩恵を受けそうな2頭を加えた。

なお、👇は絶好調FFさんの無料予想でよく当たる。純粋に競馬を楽しんで精度の高い予想をしている無料noteは栄えて欲しい。

余談:私の本命という十字架

文中にこの言葉を使用したがピンと来ない方も多いのでまずカミングアウトするが、私は競馬を始めてかれこれ9200万ほど負けている。

  • 馬の潜在能力評価。
  • 仕上がり具合の判断。
  • 馬場状態の把握。

何よりそこを徹底的に磨いたが、そもそも馬券が当たるには馬がまともに走る事が大前提であり、結局は人任せというどうにもならない現実がある。

能力が世界最強クラスであり、距離適性もドンピシャなオークスで「100回走れば98回勝つ」と信じて単勝200万勝負したリスグラシューが直線でひたすら妨害を受け、ピンボールのように弾かれながら負けた時に限界を感じ、これ以上もう自分の弱運とセンスの無さに太刀打ちする事は難しいと悟った。

現在は以前より少額に抑えているが、それでも本命馬の出遅れ・前壁・駄騎乗は8割を超える。嫁が言うにはソダシの歯が折れたのも私の責任らしい。

先週は絶好の穴馬レクセランスを地獄の最内。今週は本来ド堅軸だったアカイトリノムスメをゴミ枠に押し込んでしまったのは本当に申し訳ないと思っている。

参考になるかは不明だが、最後に私の土曜馬券の一枚を貼っておく。人気馬が1㎜も信用出来ないレースで彼女だけは絶好のデキを示していた。

テルツェットとウインキートスが不運に見舞われないよう、購入予定の皆様にはそのつもりで見守ってあげて頂きたい。

それでは、良い一日を(´・ω・`)/

 

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。