【第26回NHKマイルカップ(G1)展望③】伏兵候補も多士済々!今年もやはり「大波乱警報」は鳴り響くのか!?

昨日、一昨日はNHKマイルカップ(G1)の人気どころについての考察を主とした内容を記したが、本日は穴馬考察をしていく。爆穴ゲットの妄想を掻き立てる穴馬ばかりを挙げていくので楽しんで頂ければ幸いである。

NHKマイルCの荒れっぷり

ご存知の通り、NHKマイルカップは荒れる。毎年のように人気薄が躍動し、二桁人気だろうがダート馬だろうが関係なく飛び込んでくる。

今年の本命馬はおそらくグレナディアガーズだろうが、前走で敗れた以上盤石とも言い難い。それに続く馬達も前走好走は良いモノの脆さも同居する面々ばかりとあっては大波乱を期待してもあながち間違いではないように思う。

昨日までに挙げた有力馬以外にもまだまだ侮れない馬を取り上げていこう。

 

穴馬候補

ルークズネスト

まずは幸英明騎手で出走予定のルークズネスト(牡3,栗東・浜田多実雄厩舎)

そんなに穴馬でもないじゃないか?と思う方もいるだろうが、さすがに無視して通るワケにもいかない馬。

シンザン記念(G3)は差し届かず2着と敗れたが、ファルコンS(G3)は逃げて直線一旦は交わされたものの差し返して勝利。2歳チャンピオンであるグレナディアガーズを相手に器用さと根性を見せて勝ち切った事には大きな意味がある。

脚質に幅があるというのはこの時期における完成度の高さを表しており、これで5~6番人気なら買わない手はないように思える。

 

ランドオブリバティ

昨年末のホープフルS(G1)で2番人気に支持されながら最終コーナーで明後日の方向へ走り出し、全ての競馬ファンの度肝を抜いたランドオブリバティ(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)は今回は石橋脩騎手を予定。

年明け初戦のきさらぎ賞(G3)では1コーナーからあわや逸走という危険もあったが、無事回ってきてとても無難な3着。そして中山に戻って皐月賞トライアルのスプリングS(G2)に出走したものの、重馬場の中、消化不良の7着に敗れて人気はもはや風前の灯火である。

個性派の中には新聞を読む馬と形容される、人気になると凡走し、人気が落ちると激走する馬も散見される。

今回は初のマイル戦になるが、血統的には姉にリバティハイツ(フィリーズレビュー)がおり、距離短縮が起爆剤になっても驚けない。

 

タイムトゥヘヴン

Ⅿ.デムーロ騎手はNHKマイルC三連覇へタイムトゥヘブン(牡3、美浦・戸田博文厩舎)とのコンビで挑む。

どことなくひ弱な成績1.2.0.3/6)、前走NZT(G2)は勝ち馬バスラットレオンに千切られた内容からも今回はそれほど人気には推されないだろうが、過去マイルを使ったのは前走のみ。

父ロードカナロア、母キストゥヘヴンというむしろマイルがドンピシャな血統背景を考えると、マイルを使うのが遅すぎたくらいだ。

あくまで前走を試走と捉え、バスラットレオンが濁流の逃げ争いに巻き込まれる可能性もあるならば、あの5馬身差を逆転しても不思議はない。

 

まとめ

本日はここまで。明日は確定枠順発表後、調教内容や展開を踏まえて考察していく。

京都新聞杯(G2)についても少し触れていきたい。

 

関連記事

【第26回NHKマイルカップ(G1)展望①】グレナディアガーズと初の東京1600m

【第26回NHKマイルカップ(G1)展望②】ホウオウアマゾン他有力馬情報

【第26回NHKマイルカップ(G1)展望④】超大穴候補を厳選!荒れに荒れたら彼らの出番

 

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。