【競馬】第62回阪神牝馬S(GⅡ) 圧倒的一番人気もラッキーライラックに逆らう気は毛頭ない

こんにちは。先々週の中山4R進路妨害負けがしつこく尾を引くぽぽんです。

先週の大阪杯は国内最強クラス不在の寂しいメンバーでしたが、皐月賞馬アルアインが約2年ぶりとなるGⅠ制覇。

あれくらい走れる馬ではありますが、私が勝負しない時だけ走るのは大概勘弁してほしい馬の一頭。

  • オールカマー単一本
  • 秋天レイデオロとの馬連ワイド
  • 金鯱賞リスグラシューとのワイド

相馬眼があれば馬券が上手という事にはなりません。

どうしても最後の一押しは運が左右してしまう事があるため、絶望的なほどの力量差があり、なおかつ人気がそれほどでもないという珍しいところを狙い撃つのが正しい馬券道だということを肝に命じ直し、クラシックシーズンを楽しんでいきたいと思います。

では前座、土曜日の阪神牝馬Sの予想に入りましょう。

 

 

 

 

 

枠順

ラッキーライラックが抜けすぎてます。素質的な2番手はサラキアですがどうもこの血筋はムラがあります。

 

 

 

 

 

 

④ラッキーライラック

昨春は3頭しか出走していなかった牝馬クラシックでアーモンドアイに苦渋を舐めさせられ続けました。ゴミ仕上げの秋華賞を調教の一部と見れば約9カ月ぶりとなる中山記念でほぼ勝ちに等しい見事な粘走。

前走より遥かに条件が良くなる阪神マイルでこの馬を馬券から外すのは不可能です。

爆鉄でしょう。

 

 

 

 

 

①サラキア

この中では素質2番手。問題はムラ。

 

 

 

 

 

⑧ミッキーチャーム

前走中山牝馬Sはそもそも前が確定的に止まるメンバー構成と馬場だった上、パドックでも1mmも良く見えないという超お客さんでしたが今回は調子も少し上向き加減。

クロコスミアとの兼ね合いがカギになりますが、あちらも無理にガンガン行くタイプではないので今回はスムーズにレースを運べそうです。

 

 

 

 

 

 

⑩レッドオルガ

このレースは展開的にはどこにいても問題はなさそうで、ほぼほぼ全馬自分の力は出せると判断できます。いまや安田記念の有力候補のインディチャンプにこそ先着を許しましたが、東京新聞杯はマイル戦としては中々の好メンバーが揃っており、あれだけ走れればここも当然圏内でしょう。

 

 

 

 

 

⑥カンタービレ

ちょっと穿った見方ですが、日曜日は桜花賞。

ミルコがそこで騎乗するアクアミラビリスは先行も追い込みもできる馬とあって、同じく自在脚質の当馬で挑むは恰好の練習舞台となります。コースを見ながら走るようだと危険な人気馬と化しかねません。

 

 

 

 

 

第62回阪神牝馬S(GⅡ):まとめ

◎ ④ラッキーライラック

〇 ⑩レッドオルガ

▲ ⑧ミッキーチャーム

△ ①サラキア

 

昨年のチューリップ賞以来となる重賞制覇で横綱リスグラシューに挑戦状を叩きつけられるかどうか見ものです。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。