【今週の馬場考察】11/20~21 東京・阪神・福島

馬場情報

各競馬場の馬場状態

東京

東京は今週が最後のコース替わりで翌週までⅭコースを使用。

直線のインがダメだった先週先々週よりはフラットになる。

つまり脚質を問わず、基本的に地力上位の馬が優勢。

多頭数の1800と2000で好枠に詰まらなそうな鞍上の有力馬がいれば信頼できそう。

参考:アルゼンチン共和国杯(G2):回顧

阪神

阪神Aコースはついに7週目。 残業過多の労働基準法違反。

もちろん内は良くないが、メインの舞台は外が良くない阪神マイル。

エリ杯と違って外回りなので内回りほど3〜4角インがズタズタではない。

差し優勢だが、上手く立ち回れば逃げ馬にも出番が生じる。

福島

先週の福島の馬場で追い込みがやたら決まったのは新人の逃げ暴走が大きな要因。

パンサラッサも明らかに速いが楽に行かせ過ぎ。安全運転の有力馬が2〜4着。

僅か2週でコース替りして最終週を迎えるわけで圧倒的に逃げ先有利。

但し1200以外のレースでは逃げ馬の鞍上次第で追い込みが決まる。

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました