【今週の馬場考察】3/19~20 阪神

馬場情報

阪神競馬場の馬場状態

6週目を迎える阪神Aコース。今週も念頭に置いておくことは以下の点。

  • 大阪杯当日(4/3)まではAコース使用。(8週・16日間)
  • 桜花賞前日(4/9)からはBコース使用。(4週・8日間)

先週の考察

  1. 能力値最優先
  2. 先行差し>逃げ追い
  3. スピードと瞬発力

軸馬にはこの3つを備えた馬を据えたい。

…と告げたが、時間的余裕がなく、逆立ちしても来そうな馬を探したが土曜10Rのイズジョーノキセキしかオススメ出来なかった。しかも直線で4回ほど詰まって3着という悲しさ。

桜花賞(G1)の週まで馬場は悪化の一途を辿るので、今週(6週目)と来週(7週目)はこういう馬を軸に据えていけば自ずと好結果を得られるだろう。

前置きが長くなったが馬場の確認に移る。最上段の開幕週~最下段の今週までの変遷を追う。

 

馬場の変遷

3コーナー

 

 

4コーナー

 

直線

向正面直線から外回り3コーナーから4コーナー、正面直線にかけてコース内側に部分的な傷みがあります。

先週のJRAはこのように発表したが、今週も一言一句変わらず

向正面直線から外回り3コーナーから4コーナー、正面直線にかけてコース内側に部分的な傷みがあります。

常々思っているのだが阪神の馬場はどこかミステリアスだ。他場と比較して平均的にクッション値が高く、スピードと瞬発力に優れた馬が庭にする側面がありながらも、一度雨に見舞われると悪魔的なスタミナ馬場と化す。

なお、土曜未明の芝は重、ダートは不良となっている。恐らくこの馬場のままだと阪神大賞典(G2)ディープボンドに逆らったら痛い目に遭うであろう。

また、コース内側に痛みが出ていれば逃げ馬には厳しくなる反面、泥田の阪神で楽逃げをされたらとても追い付けたものではない事は肝に銘じておこう。

そして6週目の逃げ馬はまず人気にはならないので、もはや私の中で今週の阪神は人気薄の単騎逃げを探すゲームとなっている。

 

結論

  1. スタミナの権化向き。
  2. 人気薄の単騎逃げ狙い。
  3. ディープボンドには逆らわない。

土曜のおすすめ

5R ⑫ニシノクレセント

人気馬が中団より後ろの展開。馬格もあり、いきなり坂から始まるスパルタコースの阪神2400mならほぼ先手を取れると予想。これで単勝11倍なら。

逃げた経験のある②ナムラハルクと⑤キンシャチノキセキは力量に大きな疑問符が付くが、長距離・先手・スローの3拍子が揃えば危険な配当を呼び込む恐れありでヒモに一考。

日曜のおすすめ

11R ⑪ディープボンド 相手絞れなければ見。

他場

3/20~21 中山

3/19.21 中京

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました