【競馬】競馬に勝つためにすべきこと

あけましておめでとうございます。ぽぽんです。

今年も公私ともに全力でやっていきますのでどうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

はじめに

いくつかの要素を列挙してみますが、多くの負け組はこれをしていません。

勝つためのPDCAサイクルを作らずして何事も上手く運びません。そこで。

  • 勝つためには何をすべきか考える。
  • どうして負けるのか見直す。
  • 勝っているヤツは何をしているか盗む。
  • 負けているヤツと同じことしてないか?
  • 勝つために最大限の努力をする。
  • 自分の得意条件を探す。

この6項目を軸に話を進めていきます。

 

 

 

 

 

勝つためには何をすべきか考える

ぶっちゃけ誰でも考えてますよね。たとえばこんな風に

  • 絶対負けないと思う馬の単勝に突っ込む。
  • まず3着は外さない馬の複勝に突っ込む。
  • 調教や新聞やパドックを目が枯れるほど見る。
  • 勝ち組に乗る。

これに関しては枚挙に暇が無いほどに考えがあるでしょうがまずこの金言を頭に入れておきましょう。

「競馬に絶対はない」

スロの6を1日打っても負けることもあるし、どんなに麻雀の強い人でも半荘1回でど素人相手にトビラス食らう事もあります。それと同じく馬もレースも生き物です。

1回負けたら取り返せないような大勝負はしてはいけません。

私はリスグラシューという馬を現役引退まで愛し続けました。素質と能力が根本的に異次元にいると若駒の時から盲信していたので、彼女が出走した優駿牝馬というレースで生涯最大の負けを食らいました。

マトモに走れば100%勝つと思っていましたし、直線であのピンボールドン詰まりがなかったらソウルスターリングの遥か前でゴールしていたでしょう。

ここで出てくるタラレバが競馬に絶対はない事を如実に表しています。

ディープインパクトもオルフェーヴルもシンボリルドルフもサイレンススズカもエルコンドルパサーでも絶対ではないのです。

なお、先の有馬記念で「アーモンドアイ弱ぇw」とか言う人は競馬わかっていません。

これだけは絶対です。

府中の2400を2.20.6で走る馬が弱いと言われたらもうほっとくしかないです。

 

 

 

 

 

 

話が逸れましたので強引に戻します。

博打全般で言えるのですが、例えばスロで設定6を丸1日打ち続けて負ける事もありますが365日打ち続けて負ける事は確率的にほぼ不可能です。麻雀の強い人が素人3人相手に365日トータルで負けたら単純に力量見誤ってるだけです。

ただその数回負ける時のレートが数百倍だったら364勝1敗でも負けるということだけは肝に命じておきましょう。

5回に1回当たる人なら5.1倍以上になるよう常に同額

10回に1回当たる人なら10.1倍以上になるように常に同額

1.1倍が11分の10だと思う人には一言だけ、来ませんから。

一発勝負でなんとかするという発想は捨てましょう。

勝つためにすべきことは自分の力量を見極め、冷徹に長い目で見て回収率100%を超えるにはどう買えばいいかをひたすら考える事です。

 

次項 負け組の思考 そのうち書きますね