ブログ再開にあたって

11月1日。すべて1の日ということで出直しに相応しいので、ブログを再開致します。

(まだ新しいデザインに慣れていない為、超読みづらいと思いますが耐え忍ぶ強い心でお付き合いください。)

 

約1か月前にサーバーに不具合を感じ、これはいかんと思い数週間掛けてサーバーチェンジなどを行っていたのですが、なにしろ手間がハンパじゃない。正直PCを扱うことに関しては完全に素人なので、これホントにできるのかな?って思った事が2万回くらいありました。

 

結果的にはできました。できっこないような気配は無視して、少しずつ理解しながら一つ一つ課題をクリアするように物事に取り組めば大抵なんとかなるものです。

 

現状の自分のスキルを客観的に把握し、とにかく諦めず一日一歩でも前に進む。難題が立ちはだかった時に、できない、できっこないと投げるのは簡単ですが、どうやったらできるだろう?と考える事が本当に大事です。

 

別に100mを8秒で走るワケでも空を飛ぶワケでもないので、現実的にはできない事よりできる事の方が遥かに多いと心に刻んで再出発します。

 

簡単に当ブログをご紹介

  • なんでもかんでもポジティブに捉えて、「おまえすげえな」って褒めちぎるブログ
  • 筆者はなかなか厨二病をこじらせた気配が漂うおっさん
  • たまに世の中の闇を指摘することがある
  • 読者になんらかの形でメリットをもたらす

 

 

最後の部分「読者になんらかの形でメリットをもたらす」ことが特に重要。
結局ブログでも本でもそうなのですが、読者がいないと継続する必要性がなくなります。
折角貴重な時間を割いて読んでくれている人に時間の無駄だったなと思わせないように3つの柱を立てました。

  • 読者に一瞬でも笑ってもらう

私が母に頂いた言葉をご紹介します。

 

暗い顔をしてはいけない

常に明るくありなさい

日陰に花は咲かないのよ

 

 

母は少し天然さんですが、たまにこういう神名言を飛ばしてきます。常にネガティブ思考で難しい表情をしていてはダメ。明るくポジティブに笑って過ごさないと人もお金も離れていくのだそうです。そもそも人間はリラックスしているときはパフォーマンスが上がり、イライラしているときは逆に下がるので当然の事ですね。

 

 

  • 読者に役立つ情報を提供する

これに関しては評価が人それぞれですが、なるべく知っておいて損の無い事を書いていこうと思います。

  • 嫌いだったものが好きになるように
  • 前向きになれるように
  • 議員を決めるとこまで民意を問うが、そこで決議されたことに関して一切民意を問わないため、消費税200%、保育園0と言われても甘んじて受け入れないといけないほど脆弱な国民主権である事。
  • ハロウィンで使うカボチャはpumpkin
  • 食卓にいつも並ぶ緑のカボチャはsquash

 

 

  • 自分が楽しんで書く

自分が書くことに楽しめてなくて、読む人が楽しめるワケないです。

 

 

以上3点を基軸にし、気持ちも新たに頑張っていきたいと思いますので応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

世の中で最も褒められないブログ「最強説」ですらリスペクトしてみようじゃないか

さて、今日は何をネタに書こうかな? なんていつも考えているのですが、とにかくタイトルとコンセプトが幅広いので、ネタに困らないのが当ブログ更新の最大の利点ですね。
なにしろ、おおよそ目に付くものはなんでもリスペクトできるものであることと、とにかく褒め倒すので誹謗中傷とは程遠い内容にできます。

じゃあもしかして「最強説」ですらリスペクトできるんじゃないか?って考えてみました。

  • タイトルがかなり厨二病をこじらせている
  • 内容はかなり独りよがりで構成されている
  • 言葉遣いが変態
  • まだ開設して一か月程度
  • 読者が少ない
  • リンクも少ない
  • きれいにまとまっていない
  • そもそも筆者がカビ団子なおっさんなのできれいなワケがない

結論:いかついほどに並んだ誹謗中傷の嵐で、なにひとつリスペクトすべきところがない。

なんという悪魔的結論。思ってても言っちゃいけないことってありますがこれはヒドイ。
だがしかし、落ち込むことなど時間の無駄だと自分にマインドコントロールを施している私にとってこんな自演の誹謗中傷などどこ吹く風であり、むしろここまで取り柄のないところがむしろあっぱれであり、今後どう化けていくか見ものではないか。

欠点だらけというのはその分改善の余地があるということ

いわば欠点という短所は長所の裏返しであり、そこを認識して改善することによって物事や事象は飛躍的に向上していくんですよ。なにがダメでなにが良いかと必死に考える事を怠ってはなにも改善されないので、こうして数列自分のブログの短所を羅列するだけでも修正箇所がおのずと見つかります。つまり、今書いているこの文はブログそのものの確認のためにも有効で優秀な文だという事です。てことは最強説も優秀。はんぱない思考転換の完了です。

前述の短所が長所に変わった場合

  • このタイトルですら人を惹きつけられる
  • 独断だけでなく、コメントを頂けているのでそれが内容に反映できる
  • 言葉遣いや文字列が整っている
  • 力の続く限り継続されている
  • 読者が多い
  • リンクも多い
  • きれいにまとまっている
  • カビ団子から三色団子に

なんかすげーヤツになっちゃいましたよ「最強説」。
目標をここに定めてプロセスをしっかり構築してあとは実行に移すだけ。一応今現在もそうしているつもりですが、まだまだ努力が足りてないですね。

人が一人でできる事には限界があり、自分一人で全てができるとは思わないようにしなければいけません。このブログひとつを取っても読者さんがいなければ継続できませんし、コメントを頂く方も大勢いて欲しいですし、リンクは記事を掲載している数多のサイト作成者さんがいるからできる事です。

自分自身は周りにある全てに支えられて生かされている事を自覚し、全ての人や物に対して感謝と敬意を持って接する。

これからもその根幹の部分を大切にし、少しでも読者のみなさんに楽しんで頂けるようなブログを書き続けたいと思います。

慈悲の塊みたいな方は応援お願いします。