【天皇賞・春】弱メンと言われようが春天は春天。名勝負を期待する

こんにちは。オブセッションはしばらく様子見する事にしたぽぽんです。

 

 

4/29㈰は第157回天皇賞・春(GⅠ)

国内GⅠ最長距離3200mで覇を競います。

今回はメンバー中GⅠ馬がシュヴァルグランだけという低調さで興を削がれるという声が多く聞かれますがそこは天皇賞。

なんだかんだで直線は見応えのある激戦となって、終わってみれば良いレースだったって事になりますから安心してください。

 

枠順

週中の記事でも扱いましたがとにかく内枠有利な京都芝3200m。

まず外枠の人気薄は来ない、穴を出すなら1~2枠としつこいほど言われており、ステイヤーズステークスを3連覇している生粋のステイヤー⑭アルバートには嫌なデータです。

逆にここを引退レースとする②カレンミロティックにとってはこの上ない枠。

 

 

⑪シュヴァルグラン

まず最初にこの馬を取り上げないといけないでしょう。

一昨年は3着、昨年は2着。

となれば今年は1着という過去に安田記念でタイキブリザードがやってのけた偉業に挑みます。

長距離適性は折り紙付き且つメンバー中唯一のGⅠ馬、しかも名手ボウマン騎乗というなら一本被りになってもおかしくないのですが、前走大阪杯がいかにも叩き台だったようで13着凡走というあたりが懐疑的にならざるを得ない状況を作り出していますね。

あそこで5~6着くらいだったらもう少し人気になっていたかも知れませんが、折角みんなが疑っているのなら素直に買い目に入れておきましょう。

 

 

⑫レインボーライン

天皇賞・春の最重要ステップである前走阪神大賞典を楽勝し、勢いそのままに悲願のGⅠ制覇を狙うレインボーライン。

元々昨年も古馬王道路線を皆勤し、一流の走りを見せていましたがなにしろ地味なので人気が高騰しないという不憫な特徴があります。

菊の2着馬が阪神大賞典を勝って、昨年までの王者キタサンブラックを含めた最近の菊花賞馬がいない春天に挑んできてるのであればそれは絶好機というもの。

調教も素軽い動きを見せており、死角という死角も見当たりませんのでこれは本命。

 

 

⑥ガンコ

私だけに限った事ではないでしょうが名前を聞いたとき「?」でした。

まさかこんな珍名馬が走るまいとタカをくくっていたら前走日経賞で私期待のサクラアンプルールを嘲笑うかのように重賞初制覇。

そもそも障害デビューを見越して使った長距離戦で想像以上の走りを見せたことから馬生が激変したようですね。

先行力もあるのでメジロパーマーのような名馬になればそれはそれで競馬の楽しい部分でもあります。

また、彼はナカヤマフェスタのご子息ですので、ここを勝っていざ凱旋門なんて事になればロマンがありすぎて胸がときめいてしまいそうです。

 

 

②チェスナットコート

内枠と蛯名ってだけで無視できないのがチェスナットコート。

ただ、前走はやや展開に恵まれた感もあり、これだけ人気してしまうとちょっと買い辛いです。

 

 

⑧クリンチャー

レインボーラインと同じく菊2着馬ですが、どうも良績が重馬場に集中しているような気がしないでもありません。

たしかに京都記念では同期のクラシックホース2頭に土を付けており、充実ぶりも文句無しなのですが、良馬場の今回は勝ちきるまではどうでしょうか。

 

 

 

天皇賞・春:まとめ

◎ ⑫レインボーライン

〇 ⑪シュヴァルグラン

▲ ⑥ガンコ

△ ⑧クリンチャー

 

いかにも荒れそうなレースは意外に荒れないの法則

 

 

 

【天皇賞・春】弱メンと言われようが春天は春天。名勝負を期待する

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

【阪神大賞典】絶好調4歳世代最大の成長株と化したクリンチャーが連勝する

こんにちは。タイムフライヤーを遠い目で見ていたぽぽんです。

 

3/18㈰は第66回阪神大賞典(GⅡ)

古来より春天に向けた最重要ステップとして数多の名馬が楽勝を演じてきたこの舞台ですが、珍しく今年はGⅠ馬が不在。

それでも2頭の菊花賞2着馬をはじめとする長距離の雄が11頭。

見応えのあるレースになりそうです。

 

 

枠順

例年通り今年も少頭数。もちろん縦長のドスローでしょうね。

 

 

1番人気⑧クリンチャー

3歳春の時点では心身が未完成だったことで成績も振るわず、菊花賞2着とはいえあの超重馬場では評価も難しいところでしたが、前走の京都記念で同世代の皐月賞馬とダービー馬をまとめて始末したことで一躍世代最強クラスとの評価を得ました。

スタミナの権化でなければ馬券対象になれなかった菊花賞の走りから、京都記念より遥かに条件が好転した今回は現在のところ1.8倍と断然の人気。

GⅡを連勝して主役の一頭として盾に挑む気満々でしょうからコレを敵に回すのは少し危険だと思います。素直に軸でいいでしょう。

 

 

2番人気⑩アルバート

嫁が栗毛が大好きなので新聞を置いておくと「栗毛」の部分がいつも丸く囲まれています。今回はカレンミロティックとアルバート。

3600mのステイヤーズをS3連覇および3200mのダイヤモンドS勝ちと長距離重賞の申し子であるアルバートくんが打倒クリンチャーの筆頭と目されています。

17日のファルコンSでミスターメロディに勝たせてもらったことで気をよくした福永はここで二日連続の重賞制覇を狙いますが、ここは安全運転で3着かと。

 

 

3番人気⑦レインボーライン

先週復帰したサトノダイヤモンドの勝った菊花賞の2着馬で、昨年は春天12着、宝塚5着、秋天3着、JC6着、有馬8着と古馬王道路線を皆勤。

これは非常に立派な事で、GⅠ馬のいないここでは最上位とも言える実績。

三番手評価に甘んじていますが調教の動きも抜群で、クリンチャーに肉薄しても不思議はありません。

 

 

4番人気⑥サトノクロニクル

いつも堅実に自身の能力分は走るサトノクロニクル。

暮れのチャレンジカップを制し、勇躍挑戦した有馬さすがに歯が立ちませんでしたが古馬になって一層の飛躍を期して挑む今回は有力候補の一頭として名を連ねています。

強い4歳世代でもあり、3か月の成長期間での+@次第では古豪を一蹴できる可能性は秘めています。

ただクリンチャーに先着はどうですかね。

 

5番人気⑨ムイトオブリガード

Muito Obrigado

ポルトガル語でどうもありがとう

500万下を数戦してようやく勝った馬がどうこうできる格のレースではありません。

この馬を含め、5番人気以下の馬は今回は明らかな格下。

4番人気までのレースとなるでしょう。

 

 

阪神大賞典:まとめ

◎⑧クリンチャー

○⑦レインボーライン

▲⑩アルバート

△⑥サトノクロニクル

 

とてつもなく堅い予想。

クリンチャーとレインボーラインから三連複2点で勝負。

オカルト派は第66回なので枠連6-6要注意です。

なお、スプリングステークスは買いません。

 

 

【阪神大賞典】絶好調4歳世代最大の成長株と化したクリンチャーが連勝する

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。