バッファローマンは1000万という当時では破格の好待遇でジャンプに入社した

こんにちは。脇役は主役よりかっこいいべき理論が大好きなぽぽんです。

 

時代は昭和。当時隆盛を誇っていた王道少年マンガ「キン肉マン」に一人の男が彗星のようにデビューしました。彼の名はバッファローマン

 

 

未曾有の大惨事と化したアイキャッチ画像に引き込まれた方には大変お気の毒ですが、本日は私のバッファローマン愛について少々のお時間を割いてくださいますようお願いします。ではまずプロフィールから。

 

バッファローマンのプロフィール

  • 名称:バッファローマン
  • 出生:スペイン
  • 属性:水牛
  • 身長:250cm
  • 体重:220kg
  • 超人強度:1000万パワー
  • 必殺技:ハリケーンミキサー 
  • 職業:バッファローマン

 

ドラゴンボールではスカウターで敵の戦闘力を測定しますが、キン肉マンでは超人強度という単位で戦闘力を数値化して表します。当時100万パワーのウォーズマンがキン肉マン界で初の7桁到達を果たし、まさに次世代の象徴となった矢先の出来事でした。

 

ミートくん相手にハリケーンミキサー

規格外の超人強度1千万パワーを引っさげて7人の悪魔超人シリーズにおけるボスキャラ的存在として登場したバッファローマンは、キン肉マンにおけるマスコット的存在のミートくんが目障りとみたのか、伝説の大技ハリケーンミキサーを開幕からいきなり炸裂させるという暴挙に出ました。


この鮮烈な一撃でミートくんを一滴の血も流さずに7つに分解したことをはじめとして、バッファローマンには人体生理学や物理学が全く通用しません。彼の最大の特徴であるロングホーンは伸縮自在だし、折れるし、生えるにも拘わらず着脱式です。余談ですが頭髪も着脱式だったことが後日判明しています。

なるほど、これはすごいやつが現われた。まもなくバッファローマンは最初の強敵ウォーズマンを血祭りにあげて圧勝。従来の最高設定値であった100万パワーとの格の違いをまざまざと見せつけます。

 

連勝街道は続くのか?

ミートくん→ウォーズマンとここまで無傷の二戦二勝。順調に出世街道をひた走る彼は早くも大一番のキン肉マン戦を迎える事となりますが、ここでも彼は実践経験値の少なさをモノともしないポテンシャルの高さと圧倒的優位な立場を武器に、決戦前から不敵な笑みを浮かべてキン肉マンを精神的に追い詰めようと画策します。

 

 

  • 現時点で最強だったはずのウォーズマンの10倍強い
  • 狡猾
  • 用意周到
  • ミートを救うにはあと一時間しかない

 

まさに死角なき不動の本命。行け、バッファローマンよ。正義と友情というぬるま湯にどっぷり浸かったキン肉マンに悪の鉄槌を打ち下ろすのだ!
既に一時間以上この記事を書いている私はもはやバッファローマンに陶酔していて、倫理とはかけ離れた場所にいます。かっこいいなぁバッファローマン。

 

容赦ない少年漫画の洗礼

ですが王道少年マンガはそんなに甘くはありません。突如としてモンゴルマンが助っ人として参戦し、バッファ様の相棒スプリングマンを葬り去ります。一人になったバッファローマンは、キン肉バスター返しをはじめとする凶悪な技を幾度となく繰り出し奮闘しますが、最後は力尽きて自らのロングホーンをヘシ折ってミートを救出し、正義の軍門に下るという惨敗を喫しました。

 

悪魔稼業から足を洗う

その後、悪の世界から足を洗ってカタギの世界で真っ当に生きると誓ったバッファローマンは、2000万パワーズで因縁のモンゴルマンと組んで新技ロングホーントレインを開発。立花兄弟のスカイラブハリケーンや、翼と岬のツインシュート、ドラゴンボールでのフュージョンなど、ハイブリッドの礎はこの時代に育まれたと言っても過言ではありません。

 

 

悪魔の知恵を使って未来環境への提案を投げかける1000万パワーの超人強度を持つ男。
まさに最強と呼ぶに相応しいと思います。

 

 

バッファローマンは1000万という当時では破格の好待遇でジャンプに入社した

を最後までお読み頂きありがとうございました。