【第66回府中牝馬ステークス(GⅡ)】休み明けはイマイチだがリスグラシューは秋初戦を飾れるか。

こんにちは。サトノダイヤモンドが石炭になっていることに期待していたぽぽんです。

先週の京都大賞典ではそのサトノダイヤモンドがおよそ一年半ぶりの勝利を飾り、秋の天皇賞へ向けて好発進。まだ石炭にはなっていないようです。

とはいえ3歳秋の絶対王者感はなく、まだまだ本調子手前なのかなといった印象を受けました。

 

 

 

 

東の毎日王冠はアエロリットが優勝。

開幕週で前に行く馬がいないメンバーでしたのでこちらは順当勝ち。

期待していたサトノアーサーは肝心のデキが今一つな上出遅れてレースの流れに乗れませんでした。人気急落必至の次走は狙い目でしょう。

 

 

 

さて、先週のおさらいはこのへんにしておいて今週は秋最初の牝馬ちゃんウィークとして2重賞が組まれています。

まずは10/13㈯の第66回府中牝馬ステークス(GⅡ)

毎日王冠と同条件ですが今回は牝馬のみの争い。

勇躍牡馬に挑戦したアエロリットですが、むしろ全然こちらのほうが相手が強いという理由も少しはあったのでしょう。

覚醒した感のあるディアドラに二冠牝馬ソウルスターリングに春の牝馬マイル王ジュールポレール、そして世代最強の無冠牝馬リスグラシュー。

展開的にもクロコスミアやカワキタエンカのいるこちらより遥かに楽ですしね。

 

 

 

枠順

さすがにこの時期になると牝馬限定戦でも骨っぽいメンバー構成です。

メイズオブオナーは条件馬ではありますが1600万下を一度勝っており、無謀な格上挑戦を仕掛けてきた馬は一頭もいません。好レースになりそうです。

 

 

 

 

⑩リスグラシュー

基本的に古馬牝馬最強なのはこの馬。多少贔屓は入っておりますが2歳時から評価は変わりません。安田記念への出走は完全にミスで、なぜ宝塚に行かないのか疑問でしたが終わった事を言っても仕方がないですね。

この馬は鉄砲はほんと走りませんが地力だけで馬券圏内に突入してきます。

今回はミルコを鞍上に抜擢し、この秋こそは悲願のGⅠ制覇を狙う馬としては負けられないところなんですけどね。

 

 

 

 

④ディアドラ

昨秋の秋華賞でリスグラシューを差し切ってGⅠ馬となったディアドラ。

今年はドバイ遠征で3着のあと札幌のクイーンSを楽勝と充実しています。

目標は先でしょうが夏に一回使っている分今回も走破圏でしょう。

 

 

 

 

⑪ミスパンテール

連勝街道を驀進しましたが肝心のヴィクトリアマイルで痛恨の①番枠を引いてしまいTHE END。

あの内枠不利の馬場で①番枠で5着なら恥ずかしい内容ではなく、ここでも能力的に足りています。デキ次第でしょう。

 

 

 

 

⑥ジュールポレール

そのヴィクトリアマイルを勝ったのがジュールポレールですが、なにしろ幸の好騎乗が光りました。

内枠の先行馬は確実に沈む馬場だったので、先頭二番手に付けると信じて疑わなかったこの馬がまさかの外目7番手追走ですからね。

馬場が見れる騎手とそうでない騎手はこの辺が全然違うので覚えておいて損はないです。

というわけで今回のような地力のぶつかり合いではやや分が悪いと見て消し。

 

 

 

 

①クロコスミア

競馬は多点買いすると負けるゲームです。

空模様を見ても馬場を見ても前残りを考える事が普通であり、①番枠を引いた昨年の覇者を馬券から外すことはちょっと無理筋かなと思われます。

今年に入ってからの成績はイマイチですが、この舞台なら復活があっておかしくないですね。

 

 

 

第66回府中牝馬ステークス(GⅡ):まとめ

◎ ⑩リスグラシュー

〇 ④ディアドラ

▲ ①クロコスミア

△ ⑪ミスパンテール

 

4頭box馬連6点と三連複4点が結論。

馬券の軸としての信頼度から印はこうなりますが、頭ならオッズ的妙味からクロコスミアかミスパンテールではないかと。

 

 

 

【第66回府中牝馬ステークス(GⅡ)】休み明けはイマイチだがリスグラシューは秋初戦を飾れるか?を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 


【ヴィクトリアマイル回顧】幸の超絶騎乗がジュールポレールを女王に導く

こんにちは。またしてもリスグラシューで涙を呑んだぽぽんです。

 

昨日行われた第13回ヴィクトリアマイル(GⅠ)は幸英明騎乗の8番人気④ジュールポレールが勝利。

勝ちタイムは1.32.3

一般論とは真逆でとにかく内は伸びない馬場と予想していた通り、中団好位の外目を進んだ3頭での決着。

惜しむらくはジュールポレールは先行3番手以内の位置にいると読んでいた事であり、外目7番手という位置取りをした幸の腕に天晴れと言うほかありません。

さて、それでは各馬総評に入ります。


 

優勝 ④ジュールポレール

当日の芝コースは時計が出るとはいえ絶対的に外差し有利の馬場だったため、戦前の予想ではカワキタエンカの2~3番手で進むと踏んでいたジュールポレールはデキ云々以前に来るワケがないと考えておりました。

好発を決め追っつけるもそれほど行き脚が付かず結果としてインに先行馬を見る形となる絶好の外目7番手。

たまたまこの位置での競馬になったのか、幸はある程度追っつけてもあの位置取りになるとわかっていたのか定かではありませんが、結果として絶好の展開と位置取りを手にして手応え十分で直線に入り、先に抜け出した7番人気の⑥レッドアヴァンセを交わし、1番人気の⑯リスグラシューの猛追を凌ぎ切って13代女王の栄冠を手にしました。

おめでとうジュールポレール

 

 

2着 ⑯リスグラシュー

課題のスタートも今回はそれなりに決めて馬群の後方で脚をためる。

⑯番枠も幸いしたとはいえさすがは武豊。馬場の悪い最内を通るような駄騎乗はせず外目を突いて直線に向き、豪脚炸裂に賭ける。

鬼のような伸びを見せ猛追するもジュールポレールを捕えきれず、自身4度目となるGⅠ2着。

高速決着の続く府中とはいえ稍重の中で上がり3F32.9をマークするあたり、もしかすると世代牝馬最強から現役最強までランクアップしてるかもしれない。

勝ち運に見放されていることはもうわかっておりますが、近い将来必ずGⅠ馬になると信じて追い続けます。

この馬がGⅠ史に名を残さなかったら競馬界の汚点ですよ。。

 

 

3着 ⑥レッドアヴァンセ

超絶のデキを引っ提げてGⅠの舞台に帰ってきた⑥レッドアヴァンセ。

好発を決めやや前に行ってしまうが、最悪の内にはテンの速い各馬が入ってくれたおかげで無理なく5番手。

ここで重要なのはとにかくインベタしない事であり、先週ダノンスマッシュを掛かって先行させて終いの伸びを欠いた経験を北村友は生かしたと言えるでしょう。

今週からBコースに変わったとはいえ先週のAコースはこんな感じ。

で今週はこう。

内から3mに仮柵置いたくらいで内を通ってはならないのは明白です。

レッドアヴァンセは上手く外目を追走し、満を持して直線に向いて馬場の真ん中を通り、アエロリットを交わして一瞬抜け出しましたが最後は交わされて3着と力は見せましたがあと一歩及ばずでした。

 

 

4着 ⑩アエロリット

期待した通り外目を通ってはおりましたが、やはり脚力の違いで前に行ってしまう。

ただ余りガチ抑えしてもどうかというところはあるので馬の気分に任せた位置取りになるのは悪くはなく、最低条件である外目追走は守っているあたりはさすが戸崎かなと。

最後まで馬券圏内に食らいつきましたが彼女よりさらに外を回った3頭に先着を許しました。

雨もそこまで苦手とも思えませんが、やはりスピードを生かすタイプなので良馬場の方が力は出せそうです。

 

 

5着 ②ミスパンテール

デキもやや落ち、枠順も最悪なため消しました。

終始掛かるのを横山典は必死に抑え続けましたが、やはり内に押し込められるのは今回の馬場では致命的で、最後は外に持ち出し追い上げましたが5着。

今回はあれが限界で、むしろ健闘の部類に入ります。

 

 

 

6着 ①レッツゴードンキ

もしかすると最も強い競馬をしていたのはこの馬。

最悪の1番枠から行きたがるところを必死に岩田は抑えるがやはりやや前へ。

普通なら2桁着順まで沈む展開で最後差し込んで0.5差の6着は優秀で、仮に安田記念に出走なら人気皆無だろうし狙い目はある。

 

 

7着 ⑨ソウルスターリング

この枠この展開あの位置取りで7着は3歳春のあの強さをすると考えられない。

この走りは復調の気配ありとする評論家もいるが、私はもはや過去の馬として今後買う事はない。

リスグラシューが阪神JFで出遅れて大外をブン回り、オークスで大きな妨害を受けたため2つのGⅠを獲れた幸運な馬として記憶に残すことにします。

8着以下

後ほど加筆します。