国民的RPGを手掛けた作曲家すぎやまこういち先生を神と呼べる理由

あるツイッタラーさんが「日本人て基本的になんにでも神様いると思ってるのおもしろいよね」と呟いていらっしゃったので、(ふぅむ・・たしかに)と思い、自分の中で神と言える存在を探してみました。

ヤフー検索をかけるとまず上三つがこちら

  • 神田うの
  • 神宮球場
  • 神田沙也加

間違いなく神であり神なのですが、平伏できますか?と言われるとまだできない方々と球場です。

自分の中で「あー・・このひとは神だな確実に」と思える人物を思い描いたところ、すぐにすぎやまこういちさんが頭に浮かびました。私はドラゴンクエストと馬の駆けっこが相当好きなのですが、そのどちらにもすぎやまこういちさんが一役買っておられるのです。

ドラクエの作曲と競馬のファンファーレを作曲しているということは、即ち毎週確実に複数回彼の曲を耳にしているという事ですね。

私は音楽には全く才能もなく知識も疎いのですが、すぎやまこういちさんの曲を聴いていると期待感が抑えきれない状態になるんですよ。にも関わらず鎮静作用があるような感じ。抑揚頓挫って言うんですかね?とにかく心が揺らされます。

買ってきた当日のドラクエのオープニングは期待感丸出しでニコニコしながら見ますし、ダービーや有馬記念などのGI発送前は銭欲全開になります。思い当たる方はご家族にそれを横目で見られていて結構恥ずかしいヤツだという事を理解しておいた方がいいかもしれませんけれども。

そもそもあのドラクエの序曲を5分で作ったってだけで神です。バッハやベートーヴェンでもそんな離れ業できないんではないでしょうか?

東大を出て、各種機関の要職も努めておられるそうですが、それはすぎやまこういちさんのスゴさのほんの一部でしかありません。

すぎやまこういちの すぎやまこういちによる 国民のための作曲

やはりこれを成し遂げている事こそがすぎやまこういちさんのスゴさですよね。

国民的RPGを手掛けた作曲家すぎやまこういち先生を神と呼べる理由を最後までお読み頂きありがとうございました。