【第65回アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ):回顧】チャックネイト

重賞レース回顧

2024年1月21日㈰に中山競馬場芝2200mで行われた第65回アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)は、R.キング騎手騎乗の3番人気⑪チャックネイトが優勝。

内ラチ沿いが壊滅し、圧倒的に内枠不利な条件となった中山2200mで絶好枠⑪を活かし、同馬主の⑫ボッケリーニとのワンツーで初タイトル奪取。

なお、金子真人HDはこの勝利により、1998年から続くJRA重賞連続勝利年数を「27」に伸ばした。


2024 アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)

各馬短評

1着 ⑪チャックネイト
  • 疑惑の前走が頭にあって買いたくない馬筆頭。
  • 内ラチ沿いが死枠。そこを外の絶好枠。
  • 苦しみながら前を狙う①④を内に見ながらキレイなところを通って楽に3番手。
  • 4角ではゴリ押しも手応え怪しくボッケリーニに交わされる。
  • そこからボッケが気を抜いたところを盛り返す。
  • 諦めずに追うキングの姿勢は好感。
2着 ⑫ボッケリーニ
  • 前走より少し出来は落ちる。
  • 超絶絶好枠でスムーズにレースを進める。
  • 直線は勝ち馬をあっさり交わし先頭。
  • そこから馬が気を抜く。
  • この馬が2着が多いのも納得。
3着 ②クロミナンス
  • 基本的にキレ脚自慢。
  • ゴミ枠。
  • ルメールの腕でもかろうじて3着。
  • 馬には結構負担が大きいレースだったと思われる。
4着 ③モリアーナ
  • デキ最高。
  • スタートしてからススっと外に持ち出したのは③コレと②ルメ。
  • 性能上後ろから。
  • 良く追い込んだけどね。
5着 ①マイネルウィルトス
  • 480-486ならOKだが488。
  • 普通の読みなら先手を取るのは99%➃ショウナン。
  • 逃げ馬不在のレースのゴミ枠、さらに馬群を嫌う馬の性質を汲んで逃げの手。
  • つまり読み違い。
  • ↓スタート直後はソールオリエンスの皐月賞をやると思っていたが、やったのは3~4着馬。

  • 馬場を考えると僅かだがペースが速かった。
  • スタート直後にドブを走って逃げは厳しい。
6着 ⑧シルブロン
  • この距離でも付いていくのがやっとという感じの追走。
  • 最後まで馬群の最内で6着はかなり立派。
  • ダイヤモンドSは有力。
7着 ⑥サンストックトン
  • OPだと頭打ちだが馬場が味方。
8着 ⑩ラーグルフ
  • かかって序盤からずっと頭振りまくり。
9着 ④ショウナンバシット
  • 逃げ候補筆頭。
  • 展開読みの巧いやつらに買われて人気。
  • ウィルトスに逃げられてお終い。兄弟喧嘩は出来ない。
  • にしても少し置いた番手、重適性を考えてもだらしな過ぎる。
10着 ⑨カラテ
  • 速い追い切りが一本も無い7か月ぶり。
  • 今回買えるワケがない。
  • 今回10着以下は前から7馬身離されておりまるで走れていない。
11着 ⑤ホウオウリアリティ
  • 当週一杯に追ってやる気。
  • さすがにそれでも通用せず。
12着 ⑦アドマイヤハレー
  • 当週追いの動きが硬く、前走激走の反動もあったか。

まとめ

    • 枠ゲーレースの枠順は本当に重要。
    • 勝ち馬は前走忖度3着の汚名を返上。
    • そのための忖度絶好枠だったかも。
    • ボッケの2~3着が多い理由はコレ。
    • 4歳牝馬は強い。
    • 4歳牡馬は最強素質馬がタッチウッド(気性極悪な上に他馬を怖がる)だけに今後も苦戦か。
    • ↓いつもの。


中央競馬ランキング

参考

FavoriteLoadingお気に入りに追加
プロフィール
ブログ管理人
ぽぽん

【競馬歴】ミホシンザンが春天を制した日に父に東京競馬場に連れて行かれてから36年。初恋はダイナアクトレス。
【卒論】ヘイルトゥリーズン系の今後
【職歴】大学卒業後大手飲料メーカーに就職も博打の方が数倍割がいいので退職。4号機時代を全力で堪能したあとは体力の限界で引退。心を入れ替えて会社員に戻るも超つまんないので2022年に起業。
【お住まい】千葉県の農地

ぽぽんをフォローする
重賞レース回顧
ぽぽんをフォローする
最強説

コメント

タイトルとURLをコピーしました