【競馬】第39回ジャパンカップ(GⅠ)外国馬どころか国内最強組もいないぞ?

こんにちは。昨日の平場、芝2400mの勝ちタイムが昨年のアーモンドアイの驚愕レコードより10秒もかかっているということに驚愕を上乗せしましたぽぽんです。

先週は2歳馬が日本レコードを更新するようなコンクリ馬場だったのに次の週には田んぼに地目変更されているかのような状態になっており、そんな中で第39回ジャパンカップ(GⅠ)は施行されることとなります。

 

 

 

 

 

枠順

ご存知の通り今年は1981年の創設以来初の外国からの出走馬ゼロ。

そしてリスグラシューとアーモンドアイの国内2強も出走しないというなんとも寂しい出走表です。

 

 

 

 

 

①カレンブーケドール

JCにおいては現在3連勝中、馬券圏内5年連続継続中と凄まじい戦績を持つ

「1枠1番」を引き当てたのは唯一の3歳馬であり紅一点のカレンブーケドール。

オークス、秋華賞共に2着と現3歳牝馬のトップクラスであるところは周囲も認めるところですが、今回は初の古馬相手。

他の出走馬がだらしなさすぎる事もあり、そこそこの人気になっています。

 

 

 

 

重馬場のディープは割引が必要

確かにこれは金言なのですがこの馬別にキレるわけじゃないんですよね。。

切るに切れずに迷っています。

 

 

 

 

 

②ワグネリアン

福永の手を離れたという事でより一層信頼度を増したのか目下のところ1番人気に支持されています。

とはいえこの馬最大の勲章であるダービーは、その福永による空前絶後の好騎乗によってもたらされたと言っても過言ではありません。

天皇賞・秋はアエロリットが99%残る馬場なので、外枠追い込みで馬券圏内突入は元々無理難題であったため、むしろ5着まで追い込んだのは単純に能力でしょう。

札幌記念は両前脚落鉄ですし、実績的にこの馬を上回るのがレイデオロとシュヴァルグランというやや落ち目に見える2頭なのでそりゃ1番人気になりますわな。

しかしこのJCで1番人気が来るのか・・・・????

 

 

 

 

 

③ウインテンダネス

昨年はちょっと色気を出して買って見ましたがもう無理です。

 

 

 

 

 

④ムイトオブリガード

この馬は府中の2400~2500はあってるんじゃないですかね?

やっぱりこの馬場だとキングカメハメハの血脈は魅力。

 

 

 

 

 

⑤スワーヴリチャード

馬場を鑑みるとやはりこの馬の自在性は魅力。

休み明けから走るタイプで調教も動いているので買い。

 

 

 

 

 

⑥ユーキャンスマイル

こっから書いたのが全部消えました。

 

 

 

 

 

 

第39回ジャパンカップ(GⅠ):まとめ

◎ ⑤スワーヴリチャード

○ ⑪シュヴァルグラン

▲ ⑨ルックトゥワイス

△ ④ムイトオブリガード

バックアップ出来てなくて泣きそうです。

 

 

 

 

【競馬】第36回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)図式はダノン2強VS外人騎手

こんにちは。エリザベス女王杯はラッキーライラックの復活で幕。

鞍上の手腕だけでここまで違うのかとビックリさせられました。

さて今日は第36回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

意地と言えるのか1~3番人気は日本人騎手ですが、外人騎手は今週もGⅠを攫うのか?

 

 

 

 

枠順

レース開設初期はニホンピロウィナーやニッポーテイオーなどの不動系キャラの活躍もあり猛烈に平穏でしたが、ここ10年で1番人気は1勝で複勝率5割とイマイチ。

反面4番人気以下から7頭の勝ち馬が出ています。

 

 

 

 

 

⑭ダノンプレミアム

仕上がり7~8分だった秋天は地力のみでアエロリットを競り落としての2着。

一本被りでもおかしくないはずの今回ですが現在2.8倍とやや不安も感じられる支持率で予断を許しません。

安田記念のような地獄絵図にならなければ好勝負に持ち込めるとは思われますが、ことGⅠに限ると妙なほどに2着が多く、勝つときは辛勝の川田だと頭から狙うのは怖いというファン心理が働いているのでしょうか。

 

 

 

 

 

①ダノンキングリー

東京1800でアエロリットを負かすということは並の馬でできる芸当ではありません。

毎日王冠はアエロが早めにインディチャンプに来られてめんどくさくなったことで、当馬がスタートで出遅れたことは相殺されましたがそれでも見事な内容。

初の関西遠征がどうか。最内枠がどうか。不安点はこのあたりか。

 

 

 

 

 

⑤インディチャンプ

奇しくも安田記念を制した⑤番枠を引き当て春秋制覇に燃えるインディチャンプ。

毎日王冠より状態は前進しており目下の充実ぶりからも当然圏内でしょう。

池添が派手にガッツポーズを決めてもおかしくありません。

 

 

 

 

 

⑦ペルシアンナイト

京都か阪神じゃないとこの馬を買う気は全く起きません。

デムーロが少し干され気味の中、至極当然のように鞍上に収まったマーフィーは見事期待に応えてペルシアンナイトを3年連続の好走に導くことができるでしょうか。

 

 

 

 

 

⑩アルアイン

香港遠征も考えにくい現在の情勢と、鞍上が200倍くらい強化されたここは恐らく今年のメイチ。

北村が乗るより5馬身程度は先にゴールに飛び込むはずなので、昨年3着(川田)の実績からも捨てては置けない馬ですね。

 

 

 

 

 

第36回マイルチャンピオンシップ(GⅠ):まとめ

◎ ⑭ダノンプレミアム

○ ⑦ペルシアンナイト

▲ ⑩アルアイン

△ ①ダノンキングリー

△ ⑤インディチャンプ

 

展開は17頭の脚質が比較的キレイに分かれている事と、馬場状態も高速決着にはならないであろう事を考えるとさほど重要ではなさそう。

2番手グループにまず飲み込まれるであろう逃げ馬はとても買えませんし、人気馬はキレる馬ばかりなので追い込みから人気薄が飛び込んでくる事も考え辛い。

となるとこの5頭でイケる!(願望)

 

 

 

 

【競馬】第44回エリザベス女王杯(GⅠ)ド1強の昨年と違うご様子

こんにちは。野菜買いだめしてきましたぽぽんです。

今日は第44回エリザベス女王杯(GⅠ)です。

昨年はリスグラシューが当然の圧勝でしたが、今となっては彼女は世界的名牝だと誰に言っても恥ずかしい事はないでしょう。

さて今年はそんな娘がいるのかな?

 

 

 

 

 

枠順

うん。1~3番人気で2頭くらい飛びそうですね。

 

 

 

 

 

②ラッキーライラック

3歳春までは牝馬クラシック戦線は3頭の能力が他と違い過ぎたので桜花賞オークスとひたすら美味しい思いをしましたが、さすがに一年半も経過すると成長力という部分が加味されて群雄割拠となってくるもの。

アーモンドアイはちょっと違う星の馬だからともかくとしてラッキーライラックはちょっとその面で期待より不安の方が大きいですね。

消すなら消すでサッパリいきましょう。

 

 

 

 

 

④ウラヌスチャーム

これも以前から必ず重賞を勝つ馬と言い続けて来ましたが未だ重賞未勝利でのGⅠ挑戦。

追い込み一辺倒の乗り方をしなければノーチャンスではないです。

 

 

 

 

 

⑥クロコスミア

買わないと危ねぇと思います。

去年は世界級に差されましたが後ろは千切れてる。

 

 

 

 

 

⑧クロノジェネシス

ようやく3歳牝馬最強を証明?

まだ倒さないといけない娘がいます。

勝敗は北村次第。

 

 

 

 

 

⑩フロンテアクイーン

津村がカレンブーケドールの代わりに2着を拾う可能性はなくもない。

前走は勝ちに等しいような内容。

 

 

 

 

 

⑪ラヴズオンリーユー

無敗を守れば彼女が3歳牝馬最強。

そうなればさすがに異論は出せない。

でもね。人気だしミルコ最近イマイチだから切るんだ。

 

 

 

 

 

⑯スカーレットカラー

明らかに今回最大の上がり馬はコレでしょう。

剛腕外国人が揃った今回は岩田も燃える気がします。

この枠をどうこなすかですね。

 

 

 

 

 

⑰サラキア

能力は足りる。

無いのは人気と運。

外枠を引いてしまうあたりが弱い。

 

 

 

 

 

第44回エリザベス女王杯(GⅠ):まとめ

◎ ⑧クロノジェネシス

○ ⑯スカーレットカラー

▲ ④ウラヌスチャーム

△ ⑰サラキア

△ ⑩フロンテアクイーン

△ ⑥クロコスミア

 

印多いけど許しておくれ