全日本2歳優駿はハヤブサマカオーがスタートのアドバンテージで押し切る

こんにちは。二歳は素質で全てが決まると思っているぽぽんです。

 

今日は川崎で第68回全日本2歳優駿(JPNI)が行われます。

来年のダート三歳戦線を引っ張って行くのはどの馬なのか?昨年のチャンピオンであるリエノテソーロはNHKマイルカップでも2着しており、俄然注目度の高いレースとなりました。

今年も強力な中央勢が大挙登録しており、中でも新馬→プラタナス賞と持ったままの圧勝をしてきたルヴァンスレーヴが高い支持を集めています。

その後にも上位人気には中央勢が推され、地方馬は馬場を貸すだけになりそうな前評判。さてどのような結末を迎えるでしょうか。

 

枠順

勝つのはハヤブサマカオー

いきなり結論ですが、勝つのはハヤブサマカオーです。新馬は好スタートからウルトラ持ったまま大差勝ち、二戦目のなでしこ賞も逃げて軽く気合いを付けただけで楽勝、3戦目の兵庫JG の内容が今一つと思われて現在三番人気です。

ただ、逃げ馬が並ばれたら交わされるのが競馬の常であり、凌いで勝ちきったところに価値があります。あの走力で小回り川崎の内枠から楽に先手を取ってさえくれればそのままスタートのアドバンテージを生かして押し切り濃厚と見ました。

 

二番手は3つ巴

二番手は混戦です。目下圧倒的一番人気にはルヴァンスレーヴが推されていますが、なにしろスタートが甘い。同じことがドンフォルティスにも言えますが、人気を分け合うこの二頭がハヤブサマカオーをどう捕らえに行くかで着順は変わってきます。

ゴール前の攻防は、ルヴァンスレーヴとビッグスモーキーがハヤブサマカオーを捕えきれずにいるところに大外からドンフォルティスが差し込んでくるという図式。

 

ヒモ穴

基本的には人気上位の3頭に割って入るのはビッグスモーキーかダークリパルサーですが、ダークリパルサーに関しては重馬場での成績しかなく、内容もインパクトが薄いので軽視します。残り300mくらいで脱落して頂かないとこちらが困ることになります。

ビッグスモーキーは新馬で前出ルヴァンスレーヴに7馬身差を付けられているのでここではキツイと見られますが、なにしろ2歳戦。レースを重ねる事4戦と経験も積み、レースセンスの良さも折り紙付きなので、ドンフォルティスとルヴァンスレーヴのどちらかが大きく立ち遅れるような事になれば、好位で進めるこの馬にも一撃が有り得ます。

 

まとめ

◎ハヤブサマカオー

〇ドンフォルティス

▲ルヴァンスレーヴ

△ビッグスモーキー

 

地方交流重賞は多点買いをしてはならないという鉄則がありますので印は4頭。

基本的には3.5倍付けばハヤブサマカオーの単勝。およびマカオー主軸の3連系で勝負です。

そしてこの結果がどうであれ、翌日の名古屋グランプリのタガノディグオの頭固定でドキドキする予定でございます。

 

 

全日本2歳優駿はハヤブサマカオーがスタートのアドバンテージで押し切る

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します! 「最強説」へおこしいただきましてありがとうございます。 私は現在サラリーマンという素敵な肩書を持ちつつ、もう少し人生楽しむ方法はなかろうか?と毎日試行錯誤しながらブログを書いております。 とにかく笑って過ごしたい!常にそう考えてポジティブ過ぎるブログを立ち上げました。 皆様の一日に微かな笑いとともに、後日使えそうなちょっとしたトリビアをご提供できれば幸いです。いつでも遊びにきてくださいね。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。~の最強を証明してくださいとか大歓迎です。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。