【2021 凱旋門賞(G1)】クロノジェネシス参戦決定!

オリンピックの開幕よりビッグなニュースが飛び込んで来た。

グランプリ3連覇中のクロノジェネシス(牝5、栗東・斉藤崇厩舎)がこの秋、仏ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に参戦することが決定。前哨戦は挟まず直行で、鞍上はO.マーフィー騎手を予定している。

過去の日本馬の最高成績はご存知の通り4度の2着。日本国内に留まらず、世界的に見ても当時の現役最強であった名馬達が挑み、限りなく手が届きかけたレースも中にはあったが残念ながら未だ栄冠は手にしていない。

これが凱旋門賞が日本競馬の悲願と言われる所以であり、クロノジェネシスは過去の先輩達と同等か、それ以上の期待を背負って海を渡る。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。