【第72回毎日王冠(G2)】出走馬全頭診断

10/10㈰、東京競馬場では第72回毎日王冠(G2)が行われる。

春の安田記念(G1)でグランアレグリアと好勝負を演じた2頭による首位争いというのが大方の見解だが伏兵陣も多彩。

ここで好走すれば秋の天皇賞(G1)やマイルCS(G1)へ夢膨らむ一戦だ。

 

 

 

 

 

 

毎日王冠

傾向

  • 過去10年で1番人気(7.0.0.3/10)
  • 2番人気は(0.2.0.8/10)と不振。
  • 3~5歳が活躍、7歳以上は苦しい。

毎日王冠:データ

 

 

 

 

 

 

出走馬全頭診断

①シュネルマイスター

〇 既に安田3着。古馬との対戦で優位。

〇 ルメールは土曜東京で無双。

✕ G1勝ちにより、斤量の恩恵なし。

②サンレイポケット

〇 左回り(4.2.2.4/12)

✕ 高速馬場よりは少し時計の掛かる馬場。

③ラストドラフト

〇 年明けから復調気配で十分圏内。

✕ 仕上がり途上

④マイネルファンロン

〇 現役有数の穴キャラ。

✕ 前走は好枠とミルコの腕。

⑤ポタジェ

〇 姉は当レース勝ち

〇 通算成績(5.4.1.0/10)の安定感。

〇 G1級と渡り合えるのは証明済み。

⑥カデナ

〇 切れないがしぶとい末脚。

〇 そこそこ流れる展開。

✕ 東京(0.1.0.7/8)

⑦ダノンキングリー

〇 一昨年の勝ち馬。しかも2着はアエロリット。

〇 G2~3(3.0.0.0/3)

✕ 突然凡走する。

⑧ダイワキャグニー

〇 開幕週の先行力。

〇 昨年は2着好走。

〇 ブリンカー効果期待。

〇 東京8勝。

✕ 石橋

⑨ヴェロックス

〇 ダノンキングリー復活ならこの馬も。

〇 前走より調子上向き。

〇 むしろここ目標。

✕ 枯れた可能性。

⑩ケイデンスコール

〇 マイラーでも活躍できる舞台。

〇 安田記念は余力無し。

〇 追い切り

〇 今日は10月10日

⑪カイザーミノル

〇 凱旋門賞大勝ち組が激推し。

〇 今年に入って完全本格化。

✕ 重賞未勝利馬に毎日王冠は荷が重いか。

⑫ヴァンドギャルド

〇 絶好調福永

〇 1800mの海外G1であわやのレース。

✕ 2歳時から本質的に1600mまでの馬。

⑬トーラスジェミニ

〇 逃げ確定の枠。

〇 ダイワが控えればマイペース。

✕ これまでの一線級相手の分の悪さ。

 

 

 

 

 

 

まとめ

◎ ⑦ダノンキングリー

〇 ①シュネルマイスター

▲ ⑤ポタジェ

△ ⑩ケイデンスコール

 

トーラスジェミニが逃げ、番手にダイワキャグニーで淡々と流れ、最後は瞬発力勝負の展開。

安田記念でグランアレグリアと互角の勝負を演じた2頭がやはり強い。

※京都大賞典はこちら

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。