【第72回毎日王冠(G2)】出走馬全頭診断

重賞レース展望

10/10㈰、東京競馬場では第72回毎日王冠(G2)が行われる。

春の安田記念(G1)でグランアレグリアと好勝負を演じた2頭による首位争いというのが大方の見解だが伏兵陣も多彩。

ここで好走すれば秋の天皇賞(G1)やマイルCS(G1)へ夢膨らむ一戦だ。

 

 

 

 

 

 

毎日王冠

傾向

  • 過去10年で1番人気(7.0.0.3/10)
  • 2番人気は(0.2.0.8/10)と不振。
  • 3~5歳が活躍、7歳以上は苦しい。

毎日王冠:データ

 

 

 

 

 

 

出走馬全頭診断

①シュネルマイスター

〇 既に安田3着。古馬との対戦で優位。

〇 ルメールは土曜東京で無双。

✕ G1勝ちにより、斤量の恩恵なし。

②サンレイポケット

〇 左回り(4.2.2.4/12)

✕ 高速馬場よりは少し時計の掛かる馬場。

③ラストドラフト

〇 年明けから復調気配で十分圏内。

✕ 仕上がり途上

④マイネルファンロン

〇 現役有数の穴キャラ。

✕ 前走は好枠とミルコの腕。

⑤ポタジェ

〇 姉は当レース勝ち

〇 通算成績(5.4.1.0/10)の安定感。

〇 G1級と渡り合えるのは証明済み。

⑥カデナ

〇 切れないがしぶとい末脚。

〇 そこそこ流れる展開。

✕ 東京(0.1.0.7/8)

⑦ダノンキングリー

〇 一昨年の勝ち馬。しかも2着はアエロリット。

〇 G2~3(3.0.0.0/3)

✕ 突然凡走する。

⑧ダイワキャグニー

〇 開幕週の先行力。

〇 昨年は2着好走。

〇 ブリンカー効果期待。

〇 東京8勝。

✕ 石橋

⑨ヴェロックス

〇 ダノンキングリー復活ならこの馬も。

〇 前走より調子上向き。

〇 むしろここ目標。

✕ 枯れた可能性。

⑩ケイデンスコール

〇 マイラーでも活躍できる舞台。

〇 安田記念は余力無し。

〇 追い切り

〇 今日は10月10日

⑪カイザーミノル

〇 凱旋門賞大勝ち組が激推し。

〇 今年に入って完全本格化。

✕ 重賞未勝利馬に毎日王冠は荷が重いか。

⑫ヴァンドギャルド

〇 絶好調福永

〇 1800mの海外G1であわやのレース。

✕ 2歳時から本質的に1600mまでの馬。

⑬トーラスジェミニ

〇 逃げ確定の枠。

〇 ダイワが控えればマイペース。

✕ これまでの一線級相手の分の悪さ。

 

 

 

 

 

 

まとめ

◎ ⑦ダノンキングリー

〇 ①シュネルマイスター

▲ ⑤ポタジェ

△ ⑩ケイデンスコール

 

トーラスジェミニが逃げ、番手にダイワキャグニーで淡々と流れ、最後は瞬発力勝負の展開。

安田記念でグランアレグリアと互角の勝負を演じた2頭がやはり強い。

※京都大賞典はこちら

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました