【第7回サウジアラビアRC(G3)】出走馬全頭診断

重賞レース展望

秋の東京開催のオープニング重賞は2歳戦

第7回サウジアラビアRC(G3)

世代でも強力な馬がここを使う流れもあって、少頭数になりがちなレースであるが、今年は出走馬が7頭と例年以上に少ない。

テルナティーアコマンドラインが他陣営に敬遠させた形となっているが、果たしてこの2頭はどんな走りを見せてくれるのだろうか?

 

 

サウジアラビアロイヤルカップ

傾向

  • 17~19年勝ち馬は後のG1馬。
  • 昨年の勝ち馬は皐月賞ダービーで3着の菊花賞最有力候補。
  • 1戦1勝馬が4連勝中。
  • 勝ち馬は全て4番人気以内。
  • 新馬勝ちの素質を評価。

サウジアラビアRC:データ

 

 

出走馬全頭診断

①スタニングローズ

〇 相手なりに走る堅実派。

〇 前走は後ろ過ぎた。

✕ スケール

②ケッツァー

〇 血統的には1mでも長い方が良さそう。

〇 少頭数が荒れるなら最低人気でも。

✕ 新馬のレースレベルに疑問。

③ステルナティーア

〇 全兄は3年前の2着馬。

〇 新馬は着差以上の余裕。

✕ 時計的には平凡。

④ガトーフレーズ

〇 大知→ミルコ。

〇 週末に「ジャスタウェイ」がトレンド入り。

✕ パンチ不足。

⑤ロードリアイラブル

〇 鉄板スローの逃げ候補。

〇 差しても勝っており、展開不問。

✕ 福永がステルナティーアを取った。

⑥コマンドライン

〇 POG全国1番人気の超評判馬。

〇 1頭だけ別物の新馬戦。

✕ 1頭だけ休み明け。

⑦ウナギノボリ

〇 基本的に珍名は人気が薄くなる。

〇 前走は実質1勝クラスのメンバー。

✕ 和田がタガノディアーナ(阪神8R)に乗りに行った。

 

 

まとめ

少頭数は荒れると言っても確かに馬柱を見る限り2強以外はスケール面で見劣りするのは否めない。

最も展開面で有利なロードリライアブル、差し脚確かなウナギノボリ、切れる脚もあるスタニングローズが一角崩しを狙う。

◎ ③ステルナティーア

〇 ⑥コマンドライン

▲ ⑤ロードリアイラブル

△ ⑦ウナギノボリ

△ ①スタニングローズ

 

配当的妙味は薄く、凄いレースが見られれば儲けモノ。

翌日のレース

毎日王冠

京都大賞典

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました