【第68回京阪杯(GⅢ):回顧】トウシンマカオ

重賞レース回顧

2023年11月26日㈰に京都競馬場芝1200mで行われた第68回京阪杯(GⅢ)は、菅原明良騎手騎乗の4番人気⑰トウシンマカオが優勝。

近走は苦手な重い馬場、洋芝、1400mなどで力を出し切れず、今回も運悪く引いた外枠が懸念されたが見事払拭。直線力強く抜け出して京阪杯連覇を飾った。

2023 京阪杯(GⅢ)

各馬短評

1着 ⑰トウシンマカオ
  • 京都1200mの外枠⑰は明確な不利枠。
  • スタート互角に出るもやはり外々を回る。
  • 距離ロスの分の中団待機。
  • 一言で言って完勝。力が違った。
2着 ⑩ルガル
  • 前走は悪枠から良い競馬。
  • 今回は好枠。そりゃ人気にもなる。
  • 少しだけスタートでビハインド。
  • 逃げ馬2頭から離れた番手集団の絶好位。
  • マカオには完敗。
  • 世代のスプリント大将格なので今後の成長に期待。
3着 ⑥エイシンスポッター
  • このくらいの走りは出来る馬。
4着 ⑱トゥラヴェスーラ
  • 今回は勝ち馬が抜けていた。
  • この馬には枠は関係ないことは高松宮記念で証明されている。
  • とはいえさすがにコレは枠負けでの4着。
5着 ②ビッグシーザー
  • 有利な内枠で先行馬。
  • 能力は足りないがその分で人気。
  • スタートからゴリ押しで果敢に逃げる。
  • ヴァトレニに絡まれたのは少し痛い。
  • ぼちぼち頑張っている。
  • ちょっと復調したようで、今後は低級重賞までなら話は変わる。
6着 ⑨グレイトゲイナー
  • 逃げないとか意味不。
7着 ⑮エクセトラ
  • まだ外枠を克服して馬券内に来る力は無い。
8着 ⑦ショウナンハクラク
  • 良い位置には居たが、最後はキレ負け。
  • 調教を1週休んだ分は考慮してあげよう。
9着 ③シングザットソング
  • 内枠の重賞ウィナーで人気。
  • 発馬はしたが控えてしまう。
  • 下級騎手が人気を飛ばす時のお家芸。
10着 ④スマートリアン
  • そもそも付いていけないのはやはりよくないね。
  • 末脚は鬼斬れしてる分勿体ない。
11着 ⑤キミワクイーン
  • スプリンターズSが鬼メイチの極悪枠。
  • さすがに調子落ちか、今回は-10㎏も祟る。
  • スタートから押しても動けていない。
12着 ⑫モズメイメイ
  • 控える競馬も出来るにせよ行くなら行った方がやはり良い。
  • 斤量恩恵の無いまなみ。そもそも買えるワケがないのだ。
  • 後悔のある馬券を買いました。
13着 ⑯ヴァトレニ
  • ビッグシーザー民から見れば迷惑だったと思われる。
14着 ⑧ジュビリーヘッド
  • もう衰えたご様子。
15着 ⑭ディヴィナシオン
  • 外枠が響く。
  • 1-4着馬と比較すれば、克服する能力は明らかに無い。
16着 ⑬グルーヴィット
  • 衰え
17着 ①バンデルオーラ
  • 出遅れ
18着 ⑪シュバルツカイザー
  • 出遅れ
  • 前走以上に負け過ぎ
  • 何かあったか?

まとめ

    • 本来の逃げ馬の素人騎手2名(松本・永島)で控えて展開は緩め。
    • レースはリステッドレベル。
    • 条件合致したマカオが外枠の不利を一蹴。
    • ↓いつもの。


中央競馬ランキング

参考

FavoriteLoadingお気に入りに追加
プロフィール
ブログ管理人
ぽぽん

【競馬歴】ミホシンザンが春天を制した日に父に東京競馬場に連れて行かれてから36年。初恋はダイナアクトレス。
【卒論】ヘイルトゥリーズン系の今後
【職歴】大学卒業後大手飲料メーカーに就職も博打の方が数倍割がいいので退職。4号機時代を全力で堪能したあとは体力の限界で引退。心を入れ替えて会社員に戻るも超つまんないので2022年に起業。
【お住まい】千葉県の農地

ぽぽんをフォローする
重賞レース回顧
ぽぽんをフォローする
最強説

コメント

タイトルとURLをコピーしました