【第55回函館2歳S(GⅢ):回顧】ゼルトザーム

重賞レース回顧

2023年7月15日㈯に函館競馬場で行われた第55回函館2歳ステークス(GⅢ)は、重馬場となった道中、中団から徐々に進出を開始した浜中俊騎手騎乗の10番人気ゼルトザームが直線力強く先行勢を差し切って優勝。上位人気に支持された各馬は軒並み馬群に沈んだ。

※馬場考察と追い切り特注馬での内容を抜粋。

毎年難解なレースとなるが、最終週の1200mの条件は『外枠有利』という揺ぎ無い事実は頭に入れておこう。

①スカイキャンバスは外枠なら軸固定も考える程だったが最内枠はどうしても懸念。

2023 函館2歳ステークス(GⅢ)

各馬短評

1着 ⑮ゼルトザーム
  • 函館1200と2000は外枠有利が馬場考察では基本概念。
  • 特に最終週ではこの傾向は大。
  • 調教も特に目立つことなく前走もダート、血統もダート系で人気薄。
  • 超好枠から無理なく進出。
  • 重馬場も味方。
  • 全てに恵まれたが、底を見せてないので暫くは警戒が必要。
2着 ⑨ナナオ
  • 内枠を引かなければ良いので⑨は良枠の部類。
  • 出走15頭中3頭しか2戦馬はおらず、経験値で僅かに優位。
  • 名前も加味された人気。
  • 完璧なスタートから少し押して好位。
  • 1着馬もそうだが、今回は馬場適性の差がモロに着順に表れた様子。
3着 ①スカイキャンバス
  • 調教絶好1番手。
  • 最低最悪の最内枠①。勝ち馬は絶好枠の⑮。
  • 重馬場で常に泥田の内を前半34.7のハイペース逃げ。
  • よく3着に粘れたなコレ。
4着 ⑫レガテアドール
  • スピード感には乏しいが洋芝適性はありそうなタイプ。(考察より)
  • 道中は勝ち馬の内。
  • 勝負所からベルパッションが常にちょっかいをかけ、追い出し遅れる。
  • それがなくても4着までか。
5着 ⑧カレンナオトメ
  • 根本的にハイペースなので本来追い込みが決まるレース。
  • 見た目は大外一気で派手に見えるが内容的には上位3頭が全然上。
  • でも乗り方は下手。
  • 次は人気になるが信頼度は低い。
14着 ⑭ルージュレベッカ
  • 好調教の1頭。
  • スタートでヘマ。およそ3~4秒のロス。
  • 勝ち馬と着差2.2差。
  • 次はかなりの人気を集めるだろうが、このスタートは懸念するべき。
6着以下
  • 今回は特殊な馬場、しかも全馬幼さが溢れる中でのレースなのでさほど評価を下げる必要は無いように思える。

まとめ

    • 馬場適性と枠の有利不利が顕著に出たレース。
    • ハイペースの死に枠で健闘した①スカイキャンバスは2着以上の評価。
    • 次人気になりそうな⑧カレンナオトメ、⑭ルージュは共に不安有り。
    • ↓いつもの。フォローしてね。


中央競馬ランキング

参考

キングジョージ

キングジョージのオーギュストロダンの4倍1万入れて、貰えるフリベ1万を週末メインの単勝、もしくは他の鉄板に放り込んで大勝を狙え。

※↑から登録したスクショを添付してDMしてくれれば、この流れで負けた場合私が3000円補填する(ブッカーズには書いてない)

理由:登録でお駄賃が2900円貰えるからそれあげる。
わけのわからんとこから登録するより7000円得だよ。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
プロフィール
ブログ管理人
ぽぽん

【競馬歴】ミホシンザンが春天を制した日に父に東京競馬場に連れて行かれてから36年。初恋はダイナアクトレス。
【卒論】ヘイルトゥリーズン系の今後
【職歴】大学卒業後大手飲料メーカーに就職も博打の方が数倍割がいいので退職。4号機時代を全力で堪能したあとは体力の限界で引退。心を入れ替えて会社員に戻るも超つまんないので2022年に起業。
【お住まい】千葉県の農地

ぽぽんをフォローする
重賞レース回顧
ぽぽんをフォローする
最強説

コメント

タイトルとURLをコピーしました