【競馬】第65回大阪杯(G1)2頭立てか、多頭数かの見極めがカギ

ようやくこの日がやってきた。

大阪杯(G1)は、三冠馬コントレイルVS覚醒グランアレグリアのどちらが勝つかが焦点。とりあえずまずは出馬表。

出馬表

間違いなくこの春の世界最高レベルのレース。

2強がすんなりマッチレースを繰り広げるのか?はたまた2強相手に勝ち切る新星が現れるのか?

印の回っている馬を洗ってみよう

 

 

 

 

レイパパレ

5戦5勝の無敗の牝馬。昨年秋華賞(G1)に出ていれば「デアリングタクトの三冠もなかった」という人もいるようだ。

所詮出るまでも含めて戦いである。ゲートイン出来ないのであればそれはその時点で運も含めて力量が足りなかったと潔く諦めるべきだろう。

後日チャレンジⅭ(G1)を勝ち、底知れぬ魅力はあるが、こと大阪杯を無敗で勝つようなことならあのトウカイテイオー以来のこと。

2強を退けそんな偉業を達成したなら素直に脱帽で良いと思うが限りなく可能性は0に近い。

 

 

 

 

サリオス

昨年のクラシックではコントレイルに明確な実力差を見せつけられたサリオス。

断っておくがこの馬は十分強い。コントレイルが居なければ無敗2冠馬はこの馬だったワケで、マイルCS(G1)は使い分けの弊害と外枠のちょい不利、騎乗ミスと全くの参考外。1~3着は強豪なのであの結果は仕方ない。

逆転への考えだが、ディープインパクトの牡馬は成長力が乏しく、逆にハーツクライは古馬になってから世界最強になる事もある。リスグラシュー、ジャスタウェイなどがそう。シュヴァルグランなどの例もある。

要は成長力でコントレイルの能力を超えていればいい。

ではちょっと気になるこのデータ↓

歴代三冠馬のダービー2着馬

ウインバリアシオン

インティライミ

エアダブリン

スズマッハ

メジロモンスニー

ウメノチカラ

ステーツ

歴代三冠馬のダービー2着馬でその後G1を勝った馬はいない。

 

 

 

 

アドマイヤビルゴ

高値の馬。ダイワスカーレットが勝った有馬で大外のアドマイヤモナークが2着に突っ込んで波乱を呼んだ。歴史は繰り返すか?

それ以外に買い要素は無い。

 

 

 

 

グランアレグリア

2000大丈夫なの?ってのをよく目にする。

大丈夫です。

府中のマイルで強い競馬を見せる馬は2000までなら普通にこなす。

むしろあの馬体で2000が持たないと思うって脳みそは大丈夫か?と心配になる。

クロノジェネシスやリスグラシューがオークスで距離不安唱えられてた時と同じ感情を抱いた。外したければ外せばいいと思う。

懸念される材料は1200と2000のG1をともに勝った馬はいないという歴史くらいだが、それは打ち砕かれたところで全く不思議はない。

どの道今年マイル~中距離路線を歩むならどこかで達成されるのはほぼ間違いないし、それは今回かも知れない。

 

 

 

 

コントレイル

余程のこと以外は逆立ちしても馬券圏外に落ちることはない。

焦点は「グランアレグリアとどっちが上か?」の一点。

無敗の三冠馬で年度代表馬になれないという屈辱を味わったが、むしろ出走しなければ年度代表馬確定だったにも関わらず、敢えて時代の最強馬アーモンドアイを撃破しに行ったその漢気が私は好きだ。

だからこそ、ここでグランアレグリアを破って欲しい。

 

 

 

 

結論

勝つのは二強のどちらかなので馬連一点

三連複買う人は「グランとその馬のワイド」でも三連複とほぼ配当は変わらなかったと思うのでオッズはチェックしておいた方がいいかも。こういうの大事。

頑張れコントレイル!

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。