【今週の馬場考察】9/17~19 中京 ローズステークス(G2)

馬場情報

中京競馬場の馬場状態

第5回中京2週目。先週は土曜日が雨の影響でダートは速く、芝は遅い馬場。翻って日曜日はメイケイエールの1200m1:06.2を始めとする当然の鬼高速馬場。

今週の映像を見る限り先週と傾向は変わらなさそうだ。

なお、全9日間の開催前半5日間はAコース、後半4日間はBコース(Aコースから3m外に内枠を設置)を使用する。

3コーナー

Aコース

4コーナー

Aコース

直線

Aコース

3コーナーから4コーナーの内柵沿いに軽微な傷みがありますが、その他の箇所は良好な状態です。

JRAの発表は以上。

軽微な痛みなら気にすることなどない。細かく考えることは無く高速馬場。

中京競馬場:コース図

引用:JRA

高松宮記念、チャンピオンズCと2つのGⅠが組まれている中京は左回りの競馬場。かつてはローカル場らしい形状(ほぼ平坦、小回り、直線も短い)をしていたが、敷地を拡張して大規模なコース改修工事が行われた結果、芝コースの1周距離は1600メートルから1705.9メートル(芝コースの距離についてはAコースの数値を用いる)に、直線の長さは313.8メートルから412.5メートルにそれぞれ延伸、直線には後述するような“坂”も新設され、2012年3月のリニューアルオープン以降は従来のイメージを一新するユニークな競馬場に生まれ変わった。

ちなみに芝コースの1周距離は阪神や中山の内回りよりも長く、直線の長さは京都の外回りよりも長い。一方、ダートコースの1周距離も1530メートルと、東京、京都に次いで全場3位、直線の長さは410.7メートルと東京に次いで長い。“標準以上にサイズが大きい競馬場”なのである。

芝コースの高低差3.5メートル(ダートコースは3.4メートル)も中山、京都に次いで全場3位。起伏の構成に目を向けると、ゴール地点からなだらかな上り勾配が続き、向正面の半ばあたりで最高点に達する。そこからは直線の入口にかけてなだらかに下り(3、4コーナーは芝、ダートともにスパイラルカーブ)、新設された急坂に差し掛かる。直線に向いてすぐの地点に設けられているこの上り坂の勾配は約2%(高低差は約2メートル)。日本一の急坂である中山の最大勾配(2.24%)には及ばないものの、“阪神や東京より急な坂”を駆け上がってなお、ゴールまでは200メートル余りあるのだから、かなりタフな設定といえる。そんなレイアウトを反映して、芝、ダートともに“差し、追い込み馬が水準以上に活躍”していることも見逃せない。

さて、福島や函館と同様、梅雨と重なる7月の開催は雨に祟られることが多い。中京の場合、広範囲に及ぶ芝の張替え作業をはじめ、大規模な馬場のメンテナンスが行われるのは7月開催の終了後(これは福島も同じ)。馬場管理の年間カレンダーからすると、7月の開催は“シーズン末”にあたる。

そんな背景もあり、7月開催の芝コースはどうしても馬場の傷みが進行しやすく、これと歩調をあわせてパワータイプの馬が目立つようになる。ただでさえ、タフな設定のコースのこと。走破時計のかかり具合、好走した馬のコース取りなどを手掛かりに、馬場コンディションの“変化”には目を光らせておこう。

ダートは1400メートル戦が芝スタート。また、専用コースが設けられておらず、置き障害で争われる障害戦はスピードタイプの活躍が目立つ。

文:石田敏徳(2019年9月時点)

今週の有利枠・不利枠

芝1200m 極めて外枠不利

スタートから緩やかな上り坂でその後は下り坂からスパイラルカーブ。最初のコーナーまでの距離も短く当然のように良績は内枠。ただしハイペースになると差しも決まる。

芝1400m 外枠不利

こちらも逃げ先行馬が主軸だが枠の優劣は1200mよりは幾分フラット。

芝1600m 魔窟

2コーナー手前のポケットという東京2000mと似通ったスタート地点が故に断然内枠有利と思いきや意外にも枠順による成績に偏りのない魔窟。個人的には手を出してはいけないコースとしている。

芝2000m 内枠先行馬有利

開催序盤は内枠の先行馬が優勢。

芝2200m フラット

スタート地点から分かる通り中京の芝コースでもっとも平等な条件。

ダート1400m 断然外枠

芝スタートのダートは競馬場を問わず恒常的に断然外枠有利。これは抗いようがない事実。

 

 

結論

  • ひたむきに内枠先行馬。
  • 鉄板高速馬場。

今週のおすすめ

土曜

未定

日曜

追切特注馬

月曜

10R ⑨コスタボニータ 重賞クラス。荒れ地も平気。

他場

9/10~11 中山 セントライト記念(G2)

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました