【競馬】第69回安田記念(GⅠ)回顧 この春最大の轟軸が2着に敗れる波乱劇

 

こんにちは。反省文2億枚書いても足りなそうなぽぽんです。

滅多に回顧録は書かないのですが、昨日行われた第69回安田記念(GⅠ)は今後への課題が多く残ってしまったので、自身への戒めと致しましても記しておかねばならないレースとなりました。

 

 

 

 

 

 

1着 ⑤インディチャンプ

勝ったインディチャンプは前走の4着が冗談のような競馬でしたね。

外枠勢がロジクライの粗相により大きな不利を受ける中、好発から先行4~5番手というド完璧なポジショニングを確保。アエロリット唯一の懸念だったグァンチャーレとの余計な競り合いまでも味方に付け、見事GⅠ初挑戦初制覇の快挙を成し遂げました。

前走マイラーズⅭは行く気に任せた位置取りをすればいいのにわざわざガチ抑えして折り合いを欠かせて最後の一伸びを欠かせるというお決まりの福永劇場。

あれをして馬券圏外に飛ばしているにも関わらず継続騎乗したという点を「他に乗るヤツいないんだろ的な素人考え」で片付けてしまいました。

むしろ、「あそこで行かせないで最後どれだけ脚を使えるかを測った」と解釈していればマイラーズⅭは単なる捨てレースに過ぎなかったと言えます。

今回は99%馬券に絡むアエロリットが前にいるレースなので少しくらい行きたがっても自由にさせられる条件で、そもそも高速決着の府中は東京新聞杯で出遅れ駄騎乗なんのそのと力だけで勝ち切ったコースです。

完全に不注意が招いた無印だったと言わざるを得ません。

「ヘマしているにも関わらず継続騎乗した福永は買え」

こちらをマイ競馬格言として残すことにします。

前日の土曜日、第72回鳴尾記念(GⅢ)にて福永は◎ギベオンにて完全前有利の開幕阪神で、出遅れからのんびり後方待機届かず4着という定番の駄騎乗を披露しています。

今回の反省を明日への糧にするならば、次回ギベオンが中京記念や関屋記念に出走してきたときは買いという事になりますね。

というわけでインディチャンプおめでとう。馬券は宇宙の塵となったけれどホントに見事だった。

 

 

 

 

 

 

2着 ②アエロリット

VMが終わった時点で春最大の勝負はここだと決めていました。

下馬評は2強2強と週中から騒がしかったですが、どう考えても本命はコレ以外有り得ない。

  • 絶好②番枠⇒今回は⑤~⑧くらいです。
  • 「調教では時計が出ていない」⇒前走が強い調教
  • 「パドックで太く見える」⇒あれだけ強い調教レースしたなら追切は軽くていいし全く太目はない、むしろアーモンドとダノンが100%で出てきていない。

一般論⇒自論で表しましたが、なんかものすごく情報操作されてるなぁとレース直前まで感じていました。

結果的にグァンチャーレに少しだけ体力を持っていかれたのが最後の最後に効きましたが、轟軸と言えるだけの競馬はしてくれたと思います。

 

 

 

 

 

3着 ⑭アーモンドアイ

海外帰りで万全ではない中、スタート直後の不利を被りながらも上がり最速で追い込んでのタイム差無しの3着は立派の一言です。

「アーモンドアイ弱ぇ」など揶揄する人は恐らく彼女のレースを見た事がなく、脳にカニ味噌が詰まっているのでほっといて宜しいかと思います。

負けはしましたが、世界最強の一角として恥ずかしくない走りは見せたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

16着 ⑮ダノンプレミアム

今回は災難でした。ダノンはみんなマイルGⅠ一勝止まりというジンクスを今回は払拭できませんでしたが、秋以降にまた強い競馬を見せてもらいたいものです。

 

 

 

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します! 「最強説」へおこしいただきましてありがとうございます。 私は現在サラリーマンという素敵な肩書を持ちつつ、もう少し人生楽しむ方法はなかろうか?と毎日試行錯誤しながらブログを書いております。 とにかく笑って過ごしたい!常にそう考えてポジティブ過ぎるブログを立ち上げました。 皆様の一日に微かな笑いとともに、後日使えそうなちょっとしたトリビアをご提供できれば幸いです。いつでも遊びにきてくださいね。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。~の最強を証明してくださいとか大歓迎です。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。