【第54回中日新聞杯(GⅢ)】トップクラスまで一息の古馬と三歳馬の争いを制するのは?

こんにちは。香港のリスグラシューより阪神のクロノジェネシスで勝負するぽぽんです。

 

でもその前に土曜の重賞第54回中日新聞杯(GⅢ)ですね。

 

 

 

 

枠順

ハンデ戦てだけでまともには決まらないというお決まりの先入観を持って人気馬をビシバシ斬り捨てていきましょう。

 

 

 

 

⑭マイスタイル

レイデオロの勝ったダービー4着馬。

札幌記念こそ相手が強かったですが重賞で通用する下地はあります。

この枠ならまず間違いなく行くのはこの馬で、まだまだ先行有利の中京なら一番人気に支持されていても異論はないですね。

ですがこのメンバーならドレッドノータスやギベオンなど早めに捕まえにいく馬にも人気と能力があります。

てことはあながち展開向くわけでもないだろうなという事で消し。人気だし。

 

 

 

 

⑦ギベオン

メンバー唯一のGⅠ連対馬で格的には最上位。

とはいえあくまで展開で決したNHKマイルの2着馬であり、あのレースに限ってはハズれたとはいえやはりダノンスマッシュとミスターメロディを買ったのは間違いではなかったなと思っています。

今回はマイスタイルやドレッドノータスの動きを見ながら行けるので先行勢ではこれかなと思いますがここは後方勢軸と見ますのでせいぜい抑えまで。

 

 

 

 

⑧ドレッドノータス

若い頃の不振から復活した感のあるドレッドノータス。

勿論能力的には圏内ですが鞍上の確保に今一つやる気が感じられません。

土曜の重賞はここしかないのだから本気だったらデムーロか岩田を連れて来るはずでそのあたりがどうか。

別に中谷がキライとかではなく、あくまで一般論。

 

 

 

 

 

⑪メートルダール

重賞を制するまでかなりの時間を要しましたが、今年は重賞連覇を狙う馬としての出走。

休み明け云々より福永次第でまともならあっさりもある。

 

 

 

 

 

③グレイル

菊花賞は全く話にならないレースぶりで私をひどい目に遭わせてくれました。

出遅れスローの最後方では手も足も出ません。

ただ、大敗したとはいえその前のセントライト記念の走りはやはり優秀。

絶望的後方不利の展開を追い込んで3着に届いたあの脚は今日の早仕掛けメンバーなら生きるはず。

 

 

 

 

 

⑥ハクサンルドルフ

人気がないのが良い。グレイルと一緒に来てくれないかな。

 

 

 

 

 

第54回中日新聞杯(GⅢ):まとめ

◎ ③グレイル

〇 ⑪メートルダール

▲ ⑥ハクサンルドルフ

△ ⑦ギベオン

 

ゴール前で全とっかえになりますように。

 

 

【第54回中日新聞杯(GⅢ)】トップクラスまで一息の古馬と三歳馬の争いを制するのは?を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。