【第13回ヴィクトリアマイル(GⅠ)】最強大和撫子決定戦に古馬牝馬一線級が勢揃い!

こんにちは。昨日は軽く完敗しましたぽぽんです。

 

 

5/13㈰は第13回ヴィクトリアマイル(GⅠ)

GⅠ馬6頭をはじめとする今の時代を代表する古馬牝馬の一線級が勢揃いした見どころ十分の一戦です。

巷の予想では内枠有利と騒がれていますので、まずはこちらをご覧ください。

 

 

5/13(日)の馬場を読む

JRAホームページより抜粋)

 

先週まではこちらのAコースを使っていました。誰でも外枠の差し馬が有利なのがわかります。

NHKマイルカップの⑪ケイアイノーテックは良い伸びでしたね。

③テトラドラクマが絶好枠と言われて人気していましたが、最強説の読者様はそんな戯言に耳は貸さず逃げ馬を全部切り、13番人気の差し馬⑧ダノンスマッシュに期待したのにまさかの先行策に血反吐を吐いたことでしょう。

 

 

さて、馬場の内側の痛みもようやくバレたところで今週からはBコースで施行。

内から3mに仮柵を置きます。

JRAホームページより抜粋)

ちょっとやそっと柵置いたところで外差し有利なのがおわかりでしょうか?

事実今週の芝開幕レースは外枠の外差しで決着。

メインの京王杯SCで①サトノアレスが3着に来てますから見落としがちですが、サトノアレス自身もちゃっかり外に持ち出しており、先行勢は片っ端から外差しに食われてます。

私が⑬ダイメイフジを狙ったのはそういう理由。(ブービー負け)

なお、昨日逃げて馬券に絡んだ馬は直線に入るまで十分すぎるほどのセーフティリードを得てのもの。

あらためて言います。

今の府中は内枠有利という世論は真っ赤なウソなので騙されないでください。

伸びるのは真ん中より外に進路を取る馬だと分かったところで枠順に行きましょう。

 

 

枠順

つまり、②ミスパンテールは全然絶好枠ではないのです。

一旦後ろに控えて真ん中を通って追い込んでくるならともかく、前走に味を占めて逃げの手に出たらアウトですので4連勝の勢いと力は認めつつも軸には不向き。

リピーターが活躍するからという理由で穴人気している④ジュールポレールはどう足掻いても前に行くので私の馬柱では既に黒く塗りつぶされています。

 

 

 

⑩アエロリット

この予想の流れですと危険な人気馬という事になります。

ただ、ここはテン乗り戸崎が考えて乗ってくれることを信じるしかありません。

いっつも関東で騎乗している上、常時全国リーディング争いしている名手がこの馬場を考えない訳がなく、少なくとも逃げ争いに加わるようなマネはせずに中団追走から最速で馬場のいいところに持ち出すはず。

買う理由がもう一つあるのですが後述します。

 

 

 

⑯リスグラシュー

世代最強⑯リスグラシューですが内枠引かなくて一安心です。

今でも私は秋華賞以外の牝馬限定GⅠ、つまり阪神JF~エリザベス女王杯迄まともなら全てこの馬が勝っていたと確信しています。

昨年のオークスでは線の細い馬体で直線でひたすらピンボールされていたのでどうにもなりませんでしたが、当時より20㎏近く幅を増した今なら多少の不利を被っても堂々と馬場のド真ん中をぶち抜けて来るはず。

奇遇にもこの競馬場、この馬番で初重賞を飾っているので初GⅠもここで決めてもらいたいところ。

ちなみに府中マイルの枠順は基本どこでも大差ありませんが、どういうわけか一緒くたにされて「外枠か~・・」と嘆かれるのは本当にいい傾向だと思います。

その調子で中山や新潟のダ1200や阪神ダ1400でも全力で内枠を応援してほしい。

 

 

その他

多分他に買う馬は直前に決めますが今回は基本的に⑩⑯一本の予定。

なぜなら結婚記念日が10月16日で、デビューの頃から追っている馬達がこの大舞台でこの枠に入ったことに少し運命を感じてしまっています。

 

 

 

【ヴィクトリアマイル】最強大和撫子決定戦に古馬牝馬一線級が勢揃い!

を最後までお読み頂きありがとうございました。


投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します! 「最強説」へおこしいただきましてありがとうございます。 私は現在サラリーマンという素敵な肩書を持ちつつ、もう少し人生楽しむ方法はなかろうか?と毎日試行錯誤しながらブログを書いております。 とにかく笑って過ごしたい!常にそう考えてポジティブ過ぎるブログを立ち上げました。 皆様の一日に微かな笑いとともに、後日使えそうなちょっとしたトリビアをご提供できれば幸いです。いつでも遊びにきてくださいね。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。~の最強を証明してくださいとか大歓迎です。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。