【バレンタインデー】勇敢なチャレンジをするのは女子だけの特権じゃないぞ

こんにちは。そこそこ甘いモノが好きなぽぽんです。

 

2/14 聖バレンタインデー。

恋する乙女が愛しの殿方に渾身の想いを込めたスイーツをプレゼントする風習のある特別な日。私も朝からドキドキしています(謎)

 

バレンタインってなに?

クリスマスと並び、リア充への登竜門として名高いバレンタインデー。

日本では女性が男性に本命義理と清濁併せ持つチョコレートを贈呈する日として認識されており、この日の為に世の女子はせっせとお菓子を作り、ステマに踊らされてショッピングに出掛けます。

愛しの人のために

 

どんな人がそういう対象になるの?

  • 一応全ての生物が対象
  • ポテンシャルによって収穫高は変わる
    • イケメン度
    • 善人度
    • 年収

男だろうと女だろうとイケメンだろうとブサメンだろうと対象だからあなたも安心です。よかったですね。

 

 

嫁が語るバレンタイン説

折角ですのでもっとも身近にいる女子である嫁にバレンタインってなんだろね?って聞いてみたところ

「製菓会社の戦略に踊らされて女の子が養分になる日でしょ?」

まったく身も蓋もない相変わらずの剛球を投じてきました。だがしかし、そんな彼女もその事実を受け入れて各地特設コーナーを楽しんで闊歩するそうです。

たしかにこの時期は華やかなバレンタイン専用ブースがどこに行っても見受けられますし、気持ちも浮足立つので風物詩イベントとして最強クラスの大成功を収めています。

 

海外のバレンタイン

世界各地でバレンタインに対する考え方は違うようで、北米などは男性から女性にプレゼントを贈るのが一般的な模様。ヨーロッパでは男女問わずプレゼントを贈るそうです。つまり実態は

「バイヤーの戦略に踊らされて世界中が養分になる日」

心が汚れているとこういう発想になるから気を付けないといけませんね。

ビジネス戦略だろうと何だろうと日頃感謝している人や好意を寄せる人に対して気持ちを伝える日として定着しているからこそ、普段内向的な人達が自分の気持ちを表すきっかけとして非常に重要な役割を担っているのは間違いないです。

 

バレンタインデーの過ごし方

結局そこが気になってここまで読んで下さったあなたは要するにチョコレートが欲しいんです。

自分の気持ちに嘘が付けず、心がおどる宝石のように浮足立ち、密かに好意を寄せるあの娘から貰えたらいいななどと妄想の限りを尽くしている事を自覚しましょう。

もし、そんな願いが叶えばそれは素晴らしい事ですが不発だったとしても諦めてはいけません。

 

「~からチョコ貰いたかったんだよねー」

って言ってみればいいかと思います。

どうせ負け戦なんだから勝ちに行って負けましょう。

勇気を出して轟沈してもそれはあなたの糧になります。

その勇気を蔑むようならその程度のお姉さんてことで笑い飛ばせばいいですよ。

帰りはコンビニ行くのを忘れずに。

 

 

【バレンタインデー】勇敢なチャレンジをするのは女子だけの特権じゃないぞ

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。