【時間にルーズな人との付き合い方】治し方のわからない病気への対処法。

みなさんの会社や学校にも数人いるのではなかろうか。

  • いつも遅刻する人
  • 始業1分前~定刻どおりに来る人

彼らは毎日毎日懲りもせずバタバタと騒がしく出勤し、息せき切ってタイムカードに打刻。

よくもまぁここまで時計に合わせて自分の時間を調整できるなぁと常々感心すると同時にその100倍呆れている。

ジャストオンタイムなら間に合ってんじゃん!と思えるあなたは可哀想な人なので、絶望的なほどに周囲からの信用と信頼を失っていることに気付こう。

時間は自分だけのものという概念は勿論支持されるべきだが、一般社会で時間は他者と共有するものなのだ。

そこを基本理念として、ゴミ人間の一種である時間にルーズな人を客観視していこう。

 

時間にルーズな人

周囲に掛ける迷惑

電車やバスに駆け込んでくる

発車する直前の電車のドアに傘を挟んで「開けろ!」と騒いだ人がいた。脳の中まで人類かどうかは定かではないが、この猿人のおかげで電車は少し遅延することになる。

となるとその電車に乗り合わせた他の乗客の時間も取られるわけだ。この数秒で乗り継ぎを一本遅れた人もいるだろう。

自分が次の電車を待てばいいのに、定刻に乗ってる人の数分を数百~数千人分奪ってしまっていることになる。もちろん当人はそんなことに気付くほど知能は発達していないのでお構いなしだ。

待ち合わせや会議にも余裕で遅れてくる

時間にルーズな人は他者の時間を浪費することをなんとも思っていないので、周囲の方のその後のタイムスケジュールに影響を及ぼす。

つまりこういう人間が組織にいるとプランの進捗が滞る。もちろん当人はそんなことに気付くほど賢くもないので仕事ができず、昇進しないので重要な役割も与えられない。

ヒーローは遅れた頃にやってくる

もはや厨二病。その人が居ても居なくても大差ないのだが、最初から数に入れるんじゃなかったなって思っても仕方ない部分があるのも否めない。

遠足の集合時間にギリギリに来る子などの思考で重役出勤な感覚。

おまえはヒーローじゃなくてルーザーだからねって優しく言ってあげよう。

 

対処法

時間にルーズな人への対処法

彼らは何回注意しても見事なまでに同じことを繰り返す。もはや病気だと思って、それに応じた対処法を練り、付き合い方を変えていくしかない。

  • 信用しない
  • 任せない
  • 約束しない
  • 付き合わない

ちょっと残酷かも知れないがこれがベター。最強グループで常時遅刻してくるような人はせいぜいプーチンさんくらいのもので、しかも彼の場合は外交戦術。

待ち合わせしてもどうせ遅れるから30分前に設定しようかななどと考える時間も無駄であるし、期日までの書類も出せないので仕事も任せない。

そもそも自己愛型の人格障害者によくあるパターンなので他人の事情とかを考慮に入れるという感覚が欠如しているため、付き合っても精神衛生上良くない。

猛烈に罵倒したが、このまま突き放すだけではあまりにも哀れなので、この短所を長所に変えられないか文面を変えてみよう。

時間をきっちり守れる人には
  • 信用する
  • 任せる
  • 約束する
  • 付き合う

もしもあなたが時間にルーズな人なら、今まで気付かないうちに失った信用はそう簡単には取り返せない。早いうちにその病気を治すことを心掛けよう。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。