【宝塚記念】混迷究める春競馬最後の大一番を射止めることはできそうにない!

こんにちは。安田記念でアエロリットがゴール直前で差されてからやる気が超停滞気味のぽぽんです。

 

 

今週は第59回宝塚記念(GⅠ)

本命大穴両極端だった2018春のGⅠシリーズも宝塚記念で終幕。

ここをブチ当てて素敵な夏を過ごさせて頂こうかと目論んではいるのですが、明らかにそうは問屋が卸してくれそうにもないメンバー構成。

不安な気持ちを山ほど抱え、行かねばならない漢の道を驀進するのだ。

 

 

枠順

春最後にして最大の難関となった宝塚。
なんだかんだ言っても2018年のGⅠで◎を打った馬が馬券圏内を外したのは僅か2回の私としてはここも当然のように当てたいところではあるが、勝負できるところとできないところの見極めは当てる以上に大事な事なのだ。

勝負できるのは三頭しか出走してなかった牝馬二冠。

牡馬は結果的にエポカ最強は正しかったが勝負気配は牝馬に劣る。

古馬に至っては当てたらマグレですらあると思った方がよい。

 

 

買い目

4-10  愛犬ひこざぶろう君の誕生日

10-16 結婚記念日

 

リスグラシューが安田記念なんてアホローテを組まずここ直行なら一本勝負だったのですが、あれは完全に矢作さんに一杯食わされました。

なので代わりの牝馬ヴィブロスで行きましょう。

このレースは勝負気配ゼロです。夏休みの行楽費を減らさないようにしてください。

 

 

【宝塚記念】混迷究める春競馬最後の大一番を射止めることはできそうにない!

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。