【競馬】第36回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)図式はダノン2強VS外人騎手

こんにちは。エリザベス女王杯はラッキーライラックの復活で幕。

鞍上の手腕だけでここまで違うのかとビックリさせられました。

さて今日は第36回マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

意地と言えるのか1~3番人気は日本人騎手ですが、外人騎手は今週もGⅠを攫うのか?

 

 

 

 

枠順

レース開設初期はニホンピロウィナーやニッポーテイオーなどの不動系キャラの活躍もあり猛烈に平穏でしたが、ここ10年で1番人気は1勝で複勝率5割とイマイチ。

反面4番人気以下から7頭の勝ち馬が出ています。

 

 

 

 

 

⑭ダノンプレミアム

仕上がり7~8分だった秋天は地力のみでアエロリットを競り落としての2着。

一本被りでもおかしくないはずの今回ですが現在2.8倍とやや不安も感じられる支持率で予断を許しません。

安田記念のような地獄絵図にならなければ好勝負に持ち込めるとは思われますが、ことGⅠに限ると妙なほどに2着が多く、勝つときは辛勝の川田だと頭から狙うのは怖いというファン心理が働いているのでしょうか。

 

 

 

 

 

①ダノンキングリー

東京1800でアエロリットを負かすということは並の馬でできる芸当ではありません。

毎日王冠はアエロが早めにインディチャンプに来られてめんどくさくなったことで、当馬がスタートで出遅れたことは相殺されましたがそれでも見事な内容。

初の関西遠征がどうか。最内枠がどうか。不安点はこのあたりか。

 

 

 

 

 

⑤インディチャンプ

奇しくも安田記念を制した⑤番枠を引き当て春秋制覇に燃えるインディチャンプ。

毎日王冠より状態は前進しており目下の充実ぶりからも当然圏内でしょう。

池添が派手にガッツポーズを決めてもおかしくありません。

 

 

 

 

 

⑦ペルシアンナイト

京都か阪神じゃないとこの馬を買う気は全く起きません。

デムーロが少し干され気味の中、至極当然のように鞍上に収まったマーフィーは見事期待に応えてペルシアンナイトを3年連続の好走に導くことができるでしょうか。

 

 

 

 

 

⑩アルアイン

香港遠征も考えにくい現在の情勢と、鞍上が200倍くらい強化されたここは恐らく今年のメイチ。

北村が乗るより5馬身程度は先にゴールに飛び込むはずなので、昨年3着(川田)の実績からも捨てては置けない馬ですね。

 

 

 

 

 

第36回マイルチャンピオンシップ(GⅠ):まとめ

◎ ⑭ダノンプレミアム

○ ⑦ペルシアンナイト

▲ ⑩アルアイン

△ ①ダノンキングリー

△ ⑤インディチャンプ

 

展開は17頭の脚質が比較的キレイに分かれている事と、馬場状態も高速決着にはならないであろう事を考えるとさほど重要ではなさそう。

2番手グループにまず飲み込まれるであろう逃げ馬はとても買えませんし、人気馬はキレる馬ばかりなので追い込みから人気薄が飛び込んでくる事も考え辛い。

となるとこの5頭でイケる!(願望)