【第18回JBCスプリント(jpnⅠ)】途方もない低レベルのダートスプリント王決定戦。これならドンキでなんとかなる

こんにちは。スワーヴリチャードを一円も買わないセンスとキセキを一円も買わないセンスのなさを併せ持つぽぽんです。

 

 

 

さて今週は恒例の地方統一各部門ダート王決定戦が3鞍。

なんで開催が京都なんでしょうね?

地方競馬のお祭りを中央の馬場でやるということに違和感を感じずにはいられませんが、何事もやってみなければわからない。

当然のことながら売り上げは上がるでしょうからそれが上手に各地に分配されるといいですね。

 

 

 

 

枠順

一見すると古豪と熟女の争いです。

どこから入っても良さそうなメンバー構成で、3鞍の内で大波乱を狙うならここではないでしょうか?

 

 

 

 

 

⑬レッツゴードンキ

まず順当な結果は考え辛いのですが、人気馬からはこの馬をピックアップしておきます。

今年に入ってからの一連の競馬を見る限りまだ衰えはなく、一番人気⑤マテラスカイが逃げ馬であることからそれなりにレースは速く動くことになるので差し馬優勢の流れです。

 

 

 

 

⑧ナックビーナス

能力は最上位ですがそれはあくまで芝での話、ダートはまだ未知数です。

渾身の仕上げだったスプリンターズSの3着以下はどうも馬場適性がモロに出たようなレースだったので参考外ですが、あれ以上の状態での出走は酷でしょう。

人気を背負うなら消すのですが7番人気ですね。

 

 

 

 

⑨セイウンコウセイ

パワータイプのこの馬にとってはダートはむしろ望むところ。

8番人気なら全然買いですね。

 

 

 

 

JBCスプリント(jpnⅠ):まとめ

ちょっと時間がないので個々での短評は省かせて頂いたのですが、

⑤マテラスカイ、⑭モーニン、④キタサンミカヅキは買いません

 

 

 

荒れると思うレースなら荒れるよう買うのが筋で、的にされる一番人気や地方重賞しか好走歴のない8歳馬に食指は動きません。

モーニンはありですがクリスチャン人気が多々あって旨みがない。

マテラスカイなどはプロキオンSで買ってればあとはもういいのです。

 

 

 

◎ ⑬レッツゴードンキ

〇 ⑨セイウンコウセイ

▲ ⑮テーオーヘリオス

△ ⑧ナックビーナス

 

 

所詮は京都で行われるGⅠですからね。中央GⅠの常連且つ勝者を本命対抗とさせていただきました。

穴っぽいところは多数おりますがキリがないので▲△の2頭で。

 

 

【第18回JBCスプリント(jpnⅠ)】途方もない低レベルのダートスプリント王決定戦。これならドンキでなんとかなるを最後までお読み頂き、ありがとうございました。