【日本ダービー】生涯一度の大一番。競走馬最大の栄誉を手にするのはこの馬だ!

こんにちは。朝から興奮していますぽぽんです。

 

 

さて、今年もこの日がやって参りました。

本日5/27㈰は第85回日本ダービー(GⅠ)

この日の為に競馬をやっているという方もさぞ大勢おられるでしょうがぽぽんもその一人。

今年のダービー馬候補筆頭と期待していたオブセッションは不幸にも週中に亡くなりましたが、天国から同期たちの素晴らしい戦いを見守っていていることだと思います。

志半ばで逝ったオブセッションの為にも、全馬完走して今年もいいダービーだったと思えるレースに期待しましょう。

 

 

 

枠順

一番人気が予想されるダノンプレミアムは絶好の1番枠を引き当てました。

反対に皐月賞2着サンリヴァル、3着ジェネラーレウーノ、一番人気に推されていたワグネリアンは致命的とさえ言われる外枠。

その他概ね人気馬は散らばった格好です。

 

 

馬場

ダービーを語る上で絶対に忘れてはいけないファクターがあります。

断然内枠有利。

 

先週のオークスの時も新聞を賑わせていたようにアマチュア評論家は府中の2400は全部内枠有利だと思っていますが、ダービーの内枠有利は話が違うのです。

  • オークスは内ラチから3mのところに仮柵を置くBコースの2週目。
  • ダービーは内ラチから6mのところに仮柵を置くCコースの開幕週。

 

 

つまりAコースで開催されていた時点でかなり内が荒れていたような場合はBコース開催になってもある程度内は緩くなり、下手をすると一週目から外差し有利になります。

オークスはBコースの2週目なので俄然外有利。

しかもスタートがスタンド前ならなおさらですね。

1枠の2頭が仮に4枠~6枠あたりなら4着以下との差はあんなものではすまなかったでしょう。

 

 

ですが今週はcコースのダービーです。

さすが競馬の祭典とあってスタートからきれいな馬場状態です。

これを考慮しながら出走各馬を見ていきましょう。

 

 

 

出走各馬短評

ダノンプレミアム

いまさら言うまでもない無敗の2歳チャンプであり、今年の弥生賞勝ち馬。

皐月賞を回避する誤算はありましたが、中間は順調に乗り込みを消化してここに間に合いました。

この馬が勝つならばおそらく圧倒的に勝つのではないかと思います。

敢えて粗探しをしてみましたが、お祭り好きの観客によるはげおた必至のスタンド前スタートと絶好枠で行きたがる気性が爆燃する事くらいしか思い浮かびません。

能力はフジキセキやタキオンに匹敵する可能性すら秘めた馬なので、切るなら覚悟を決めた方がよいでしょう。

弥生賞から皐月賞を回避してダービーで連対した馬にはダンスインザダークという怪物がいた事も忘れてはいけません。

 

 

タイムフライヤー 

暮れのホープフルSを勝ったGⅠウィナーも人気急落待ったなし。

若葉Sから皐月賞への調整の狂いが2歳時の勢いを完全に封印してしまった模様でここも厳しい。

 

 

テーオーエナジー

ダートで賞金を稼いで晴れ舞台に駒を進めた異色の戦士。

クロフネやエルコンドルパサーのような芝砂問わない猛者になれるかは神のみぞ知るです。

 

 

アドマイヤアルバ

全9戦オール馬券圏内という超堅実派が超絶好枠を引き当てました。

ハーツクライ産駒の東京実績も踏まえれば穴に一考という手も十分あります。

 

 

キタノコマンドール

デビュー3戦目の皐月賞を無理やり追い込んで5着に飛び込んでダービーの優先出走権を得ました。

当時はダービーで少し狙えるかなと思いましたが、4馬身以上離された皐月賞馬よりも人気では手が出せません。

後述しますがあの皐月賞は良馬場でも勝っていたのはエポカドーロです。

 

 

ゴーフォザサミット

初めて名前を聞いたときからランフォザドリームやクエストフォベストが頭にチラホラ出てくる馬です。

青葉賞はスーパーフェザー以下人気馬の体たらくが勝因であり、例年の青葉賞程の評価はできません。

蛯名にダービージョッキーになって欲しいという願いから人気を吸っていますので消します。

 

 

コズミックフォース

ダービー好相性のサンデーレーシングの秘蔵っ子。

京成杯で接戦を演じたジェネラーレウーノは皐月賞で3着と気を吐き、自身も勝たねばならないトライアルをきっちり勝ってここに駒を進めました。

父も母父もダービー馬であり、東京コースも得意なだけに一発大駆けがあってもおかしくありません。

 

 

ブラストワンピース

ダービーから逆算したローテーションで3戦3勝。

しかも全て楽勝ではダノンプレミアムに次いでの2番人気も頷けます。

NHKマイルカップ2着のギベオンを問題なく退けており、GⅠ級の力を秘めている事も間違いありません。

 

 

オウケンムーン

皐月賞は完全に消化不良のレースとなってしまいましたが、陣営は早くから目標はダービーと名言しておりましたので巻き返しは可能。

ただ、共同通信杯の時は相手が走らな過ぎたかもしれません。

 

 

ステイフーリッシュ

新馬勝ち直後のGⅠで3着、さらに重要ステップである京都新聞杯を楽勝したにも関わらず現在単勝39倍で10番人気の低評価。

血統的にもキンカメ肌にステイゴールドと筋が通っており、レース後にノリちゃんが高笑いしていても驚けない馬。

 

 

ジャンダルム

皐月賞で痛恨の出負けをして私を痛い目に遭わせました。

まさにあそこがこの馬の目標だったはずでここでの上積みは期待薄で、父キトゥンズジョイは2400OKですが母ビリーヴでこの距離はいかにも微妙。

しかし鞍上は泣く子も黙る武豊です。

 

 

エポカドーロ

私の中では圧倒的一番人気に応えての皐月賞制覇でしたので、現在の5番人気には納得できない面もあります。

7番人気だった皐月賞は展開が完全にこの馬とジャンダルムに向く事を予想しておりましたが、ジャンダルムの出負け、サンリヴァルが差してくる事、ジェネラーレウーノの驚異的粘力という摩訶不思議がありながらも後続を2馬身離して余裕の勝利を飾っています。

勝因が馬場に尽きるとの事で今回も人気しておりませんが、では仮にオルフェーヴルが皐月賞より前にあの道悪ダービーを勝っていたらと考えてみましょう。

もちろん私は皐月賞で既にオルフェーヴル頭でしたのでダービーは冷めた目で見ておりましたが、そう考えれば不動の一番人気でもおかしくはないはず。

だがしかし、ロジユニヴァースという逆例もありますので注意が必要。

前置きが長くなりましたが、基本エポカドーロは良馬場であろうと皐月賞組には先着は許さないであろうと思います。

距離に関してですが、この時期の3歳馬は能力の絶対値が違っていれば血統を超えて2400をこなすのは周知の通り。

近年ではイスラボニータなどの例もあります。

に・・・・2着か

 

 

グレイル

キタノコマンドール、ステルヴィオと共に上がり最速で追いこんできた皐月賞は次を感じさせるに余りあるものでした。

ただ、あの時のデキは出走馬中随一のものであり、ここでの上積みがどこまであるかというのが焦点。

アーモンドアイは復帰初戦に素晴らしいデキで桜花賞を制しましたが、オークスではやはり少し落ちていました。

彼女は好枠と能力で凌ぎましたがグレイルにそこまで求めるのは酷かもしれません。

むしろプリモシーンに近いような気がします。

 

 

エタリオウ

ゴーフォザサミットの勝った青葉賞でスーパーフェザーの追撃を凌いで晴れ舞台への優先出走権をもぎ取ったエタリオウ。

今回の出走馬中唯一の完全和名馬なので応援したい気持ちはあります。

鞍上は世界最強ボウマン、父もステゴですからやらかしはあるかも。

 

 

ステルヴィオ

前述しましたが皐月賞最速上がりの内の1頭。

枠的に運がなかった感もある皐月賞でもそれなりに競馬には参加できましたが、多くの人気馬がそうであったように不完全燃焼だったと思われます。

オークスの結果の事もあり、当初はダービーでも人気を背負うと踏んでいたので消し候補筆頭だったのですが、またしても枠順的なこともあり今回はそこまで人気沸騰しそうにもありません。

エポカドーロを差し切った脚をここでも見せられるか。

 

 

ジェネラーレウーノ

皐月賞を離れた4番手で実質逃げると見ていたのがまさかまさかの逃げ軍団に入って本気の2番手。

本来激沈みの展開で4着以下の追撃を振り切って3着は相当に中身は濃く、京成杯勝ち→皐月3着からはエイシンフラッシュという優勝例もあります。

 

 

ワグネリアン

皐月賞の敗戦は完全に福永の駄騎乗。

好発を決めているのに抑える必要など全くなく、逃げ馬から離れた中団前よりに位置取ればよかったのに後方から定番の大外一気で何をしたかったのか?

本命にしていたわけではないためダメージは少ないが、全てのファンの目が節穴だとでも思っているようなこういう駄騎乗はもうやめてもらいたい。

たまに光る騎乗をすることがあるんだから今回はそれを出すときだと思うぞ福永。

人気も薄いし枠もどうせ外回るんだからある意味好都合と言えよう。

案外こういう時にダービージョッキーになれるかもしれない。

 

 

サンリヴァル

皐月賞で藤岡の神騎乗によって2着。

沈没逃げ馬軍団の一角を担うとタカをくくっていたらまさかの中団好位差しとは天晴でした。

そんな皐月賞2着馬も当時の鞍上に捨てられ、東京は初コース。さらに最低最悪の18番枠を引かされては13番人気に甘んじるのも仕方ありません。

死力を尽くした仕上げで激走し、故障したリリーノーブルの分まで頑張って、父ルーラーシップにダービースタリオンの称号を贈りたいところ。

 

 

日本ダービー:まとめ

◎ ⑫エポカドーロ

〇 ①ダノンプレミアム

▲ ⑧ブラストワンピース

△ ⑩ステイフーリッシュ

△ ⑰ワグネリアン

 

正直言ってこの時点では自信度20%くらいです。

パドックで最強のオーラを出している馬を見つけ、ツイートする余裕があることを祈ります。

 

 

 

【日本ダービー】生涯一度の大一番。競走馬最大の栄誉を手にするのはこの馬だ!

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

とりあえず今日はパドック見れるからほぼ勝てると思うのでダービーまでこの調子でいきたいなぁ。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【青葉賞】ディープインパクト産駒の逆襲がここから始まる

こんにちは。勝負の前になんとなく遊んでしまい、複雑な気分のぽぽんです。

 

4/28㈯は第25回青葉賞(GⅡ)

今日の東京は朝の1Rからシンガリ人気が優勝し、単勝39,830円からの3連単1000万越えというとんでもスタート。

穴党の人にとっては夢のある一日の始まり、青葉賞でディープしか買うつもりがない私にとってはひとまず蚊帳の外の事件でございます。

 

 

枠順

府中の2400にフルゲート18頭と、いかにもダービーの足音が聞こえてまいりました。

人気はディープインパクト産駒が5番人気までを独占。

桜花賞と皐月賞にて一頭も3着以内に入れないという未曽有の事態が起こっているディープインパクト産駒ですがダービーまでその状態が続くのは避けたいところであり、ここはディープ産駒の意地と東京適性を信頼します。

 

 

⑧オブセッション

あれ?いま3番人気ですね。

シクラメン賞のレコード圧勝は今後の飛躍を約束するものであり、弥生賞でダノンプレミアムとワグネリアンに次ぐ支持を集めたのはその表れ。

器用さに欠けるとの戦前の予想通り不安は的中し、中山は合わなかったようで4角で逸走してしまいました。

あれをやられたらお話にもなりませんが、潜在能力はここに入ってもトップクラスであり、ダービーをこの馬から行く予定の私としては◎は譲れません。

 

 

⑩スーパーフェザー

馬券的な面から言えば軸はこの馬です。

先週のサングレーザーでアーモンドアイ級の末を炸裂させた福永ですが、掴まってれば勝てる馬は石川でも菱田でも勝てるのです。

仮にあれが33.2ではなく次位と同レベル33.7なら安定の3着。

つまり、そういった面でも勝たなくてもいいここは安定の着狙いをしてくるため馬券圏内には突入してくるでしょう。

勝つようなことがあればワグネリアンファンは小躍りですね。

 

 

 

⑱サトノソルタス

現在僅差の一番人気がサトノソルタス。

この馬のレースぶりをご覧になっている方はご存知でしょうが、まだ2戦しかしてない中に重大な欠陥が判明しています。

真っすぐ走らないんですよ

 

 

オブセッションほどひどい逸走はしていませんが、常に外にヨレてます。

それでも新馬勝ち→共同通信杯2着は力の裏付けではありますが、危険を含んでいる事は承知しておいたほうがよさそうです。

 

 

 

⑫ダノンマジェスティ

この馬も真っすぐ走らないので不安ですね。仕上がり次第です。

 

 

⑥ディープインラブ

前走ブッチギリもメンバーが低調。人気しているなら切り。

 

 

③スズカテイオー

ダノンマジェスティと差のない競馬をしているのにこっちは人気薄。

買うならこっちですよね。

 

 

青葉賞:まとめ

◎ ⑧オブセッション

〇 ⑩スーパーフェザー

▲ ⑱サトノソルタス

△ ③スズカテイオー

 

頭抜けたポテンシャルを持つ⑧オブセッションに期待の◎ですが馬券的にはスーパーフェザーを本命にしたいくらいです。

馬券は⑧の単

馬連ワイドの⑧-⑩

三連複BOX③⑧⑩⑱4点

 

直前でカフジバンガードを一応押さえることにしました。距離が合いそう。

 

 

 

スペシャルウィークよ、安らかに

最後に、昨日亡くなったスペシャルウィーク号のご冥福をお祈りさせていただきます。

超強かったオスペが亡くなった事は大変残念です。

武豊に最初のダービーをプレゼントし、その後もGⅠを3勝。

最強世代という言葉が最強に当て嵌まる世代のダービー馬として永遠に語り継がれることでしょう。

主な同世代

  • エルコンドルパサー
  • グラスワンダー
  • セイウンスカイ
  • キングヘイロー

※東京5Rでスペシャルウィーク産駒が勝ちました。

オスペ、おまえの勝ったダービーを目指す若駒たちを見守ってておくれ。

 

 

 

【青葉賞】ディープインパクト産駒の逆襲がここから始まる

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 


 

 

 

 

 

【弥生賞回顧】最初から最後までダノンプレミアム1頭立てのレース

こんにちは。オブセッションがさらに大好きになったぽぽんです。

 

昨日行われた第55回弥生賞(GⅡ)は一番人気の⑨ダノンプレミアムの楽勝で幕を閉じました。

ダノンプレミアムは好発を決めてスローの離れた2番手を進み、何もしてこない後続を楽々抑えて無傷の4連勝を飾ったワケですが、本番皐月賞でワグネリアン以下各馬との差は詰まるのでしょうか。

では上位入線馬と約一頭の総括を始めさせていただきます。

 

 

優勝:⑨ダノンプレミアム

1.8倍の一番人気でのレース。2000mへの距離延長、さらに相手強化でもマイルと変わらぬ強さが見せつけられるのかが焦点となりましたが全く問題にせず楽勝。

これで皐月賞の一番人気もほぼ確定。むしろ皐月は決まったとする向きもあります。

ただ・・・

好発を決めた8枠の両頭、その中でも外から行くサンリヴァルを前に行かせ、自身は離れた2番手を追走。

1000m通過が61.5秒のスローでは後方勢に出番がないのは明白で、直線では馬場のまん真ん中を通って悠々ゴール。

さらに楽な展開だったサンリヴァルをやっとこさ交わした2-3着馬を見ても、展開面で多大な恩恵があったと言えなくもありません。

本番も今回ほど楽な展開になるかはまだわかりませんが、ケチを付けるとすればその部分と行きたがる気性くらいでしょうか。

なにはともあれこれで無傷の4連勝。

2003年エイシンチャンプ以来の朝日杯馬の弥生賞制覇です。

さらに無傷4連勝での朝日杯馬の制覇となると1995年フジキセキ以来23年ぶりの快挙。

フジキセキやタキオンレベルのヤバい馬の匂いが漂ってきましたね。

 

2着:⑧ワグネリアン

あの強い2歳チャンプがスローの2番手を進んでいるのにのんびり後方追走。

3~4角でジャンダルムがダノンを捕まえに行くさらに一歩遅らせての仕掛けでは届くわけがなく、ダノンどころか楽逃げしたサンリヴァルを捕らえるのが精一杯で危うく4着さえ脳裏を過った内容。

福永が超絶に下手なのは十分理解しておりますが、これではワグネリアンの単勝負したファンが哀れでなりません。

とはいえここはトライアル。福永としても元々ここで勝つ意思はなく、どれくらいの脚が使えるのかを試しておきたかっただけかも知れませんし、あの展開ですら2着に飛び込めるのは能力の高さ以外の何物でもないため、「福永でもダービー獲れるかも級」の評価は継続中です。

 

 

3着:③ジャンダルム

ダノンを負かしに行ったのはジャンダルムとサンリヴァルだけ。

最後ワグネリアンに差されて3着だったのは致し方ないところで、この馬の競馬はしていたと思います。

とにかくレースセンスが良いので本番でも好走が可能でしょうが、ホープフルステークスでもあと一押しが足りなかったように、覚醒するにはまだ何かが必要ですね。

 

4着:⑩サンリヴァル

状態の良さを存分に生かして強豪に一泡吹かせに登場した今回は好発も決めてスローの単騎逃げ。

藤岡佑介がここまで上手く乗れるのかと舌を巻くような好騎乗でした。

あの展開で3着に粘れないのはもはや地力の差。本番での逆転は今回以上の驚異的な展開の利を得なければならず、逆転は事実上不可能でしょう。

むしろ青葉賞やプリンシパルで突っ込みたくなる馬です。

 

 

7着:①オブセッション

超スローをほぼ最後方。

レース中からルメールにしては最高級の駄騎乗をしていましたが、これでもなんとかなるかもしれないと思わせる程の素質をこの馬に感じていたアホな私に負けを突き付けた4角の逸走。

完歩の大きな馬なので小回り中山はどうかという唯一の疑念が見事に的中しました。当たって欲しいのはソコじゃないんだオブセッション。

この破天荒なレースぶりは私の心を鷲掴みにするに十分な内容だったため、ダービーでの本命はこの馬とさせていただきます。

藤沢さんの事なのでこの後は青葉賞→ダービーと進めて来るはずなのでその2鞍で今回の負けは回収させて頂こうと思います。

 

まとめ

どうしようもないほどダノンプレミアム1頭立てのレースでした。

とはいえ負けた馬達の素質も素晴らしく、本番で逆転の余地が無いとも言い切れません。

各馬の今後の活躍が楽しみな内容でした。

 

 

【弥生賞回顧】最初から最後までダノンプレミアム1頭立てのレース

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。