【第54回京都牝馬S(GⅢ)】フルゲートの激戦となったこの激戦を制すのはアルーシャだ

こんにちは。最近堅いぽぽんです。

 

難しいのか簡単なのかわからない京都牝馬Sですが、今回は距離適性を重視していきます。

 

 

 

 

 

枠順

このレース限りで繁殖に上がる馬も多い当レース。

引退の花道を飾るか、それともやはり強い4歳馬か。

 

 

 

 

 

⑫アルーシャ

昨年初頭からベストは1400と見ていたアルーシャが4連勝での初重賞を狙います。

 

 

 

 

 

⑪ワントゥワン

相手は同じディープインパクト産駒のこちら。

 

 

 

 

 

第54回京都牝馬S(GⅢ):まとめ

◎ ⑫アルーシャ

○ ⑪ワントゥワン

 

東のダイヤモンドSの8枠と京都牝馬Sの6枠と、奇しくも同じ帽色しか買わない事になりました。

こちらはアルーシャの距離適性に期待します。