全仏優勝10回を誇る赤土の王は全米オープンを制し、最強をキープできるのか

2017全米オープンテニス真っ只中です。今回はドローの妙でトップハーフとボトムハーフが偉い違いになったとあちこちで言われています。

開幕前に前年王者ワウリンカ、2015年の絶対王者ジョコビッチ、2014年のファイナリスト錦織、さらにアンディマレーまでがリタイア。混沌としてきた中での優勝候補はトップハーフはナダルとフェデラー。ボトムハーフではサーシャかチリッチというのが大方の予想でした。

だがしかし、ボトムハーフではその二人が早々と姿を消し、ベスト16が出揃った時点でグランドスラム初のファイナリスト誕生が確定するという事態に。

逆にトップハーフではテニス界の伝説であるお二方が順当に勝ち上がってきております。今回対戦が実現するとすれば準決勝となるので、まずは先にソコに到達したラファエル・ナダル選手を改めて私の言葉でリスペクトします。

ナダルのスゴさ

  • グランドスラム15勝(全豪1,全仏10,ウィンブルドン2,全米2)
  • 北京五輪シングルス金
  • リオデジャネイロ五輪ダブルス金
  • デビスカップ優勝4回
  • 数か国語を操る
  • 彼女がすっげえ美人
  • 自分に厳しく、どんな相手に対してもリスペクト
  • 桁違いにお金持ち
  • その上人格者

もはや天上人と化してますね。人間カテゴリに収まりきらないほどのお方でございます。プロテニスプレイヤーという肩書ですが、世界中の人々からは敬意を込めて赤土の王」というキングな愛称で呼ばれていることでも知られます。

赤土=クレーコートでは人外であるかのような最強さをまざまざと見せつけるナダル。今年の全仏でも対戦相手に一切のスキを見せず、絶望だけを与えていました。フェデラーが出てたらという意見もありますが、当時、クレーでの消耗が不安だったフェデラーがあの仁王級のナダルに勝てたとは思えないです。

土で強いのはわかったが、じゃあ芝やハードでは弱いのか?っていうと、やっぱり人外の強さ。実際今回もほぼ全試合圧勝してきていますしね。次戦準決勝ではフェデラーかデルポトロと対戦。今大会の事実上の決勝と見る人も多いです。

そんな激戦に幾度となく登場するナダル。彼が王として君臨し続けるためには明らかに他と一線を画す何かを持っているはず。私なりに分析して彼に学ぶべき長所を3つ紹介し、まとめとさせていただきます。

ナダルに学ぶべき長所

  • オンオフの切り替えが完璧にコントロールできる
  • 常に全力で諦めない
  • どんな対戦相手でも侮らない

できるようでできないことばかりですね。試合以外の場所ではきさくでにこやかなナダルですが、試合中は仁王の形相になります。どんなに劣勢でも諦めずに全力を尽くします。見ている方からしたら楽勝に見える相手に対しても一切容赦なく蹂躙します。つまり、

この3つを心掛ければあなたも何かの分野で王になれるかも知れないですよ!

まだまだ熱戦の続く2017全米オープンテニス。日曜まで楽しませて頂きます。

全仏優勝10回を誇る赤土の王は全米オープンを制し、最強をキープできるのかを最後までお読み頂きありがとうございました。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。