神の創造した最高傑作って実は「肉球」なんじゃないかとモミモミしながらふと思った。

にくきゅう。

その名称を聞いただけでゆるふわ感が溢れ出てくる至高の癒しアイテム。握るだけで飽き足りる人間は全人類の0.0002%ほどしか存在せず、握るととりあえず一回は揉みほぐしたくなる衝動に駆られます。

個体によって品揃えも豊富です。

  • 見た目
  • 大きさ
  • 手触り
  • 揉み心地

ちなみに私は今それを揉みながらこれを書いてます。至福でしかありません。両手をどちらも掴んでモミモミするのが私のお気に入りです。愛犬はとってもウザったそうにしていますし、自身からほのかに変態臭が漂ってきたのは否めません。

とはいえ全国の愛犬家、愛猫家の方々はだいたいこんな感じじゃないんですかね?

え?違う?頭撫でて抱っこするくらい?

どこにもそんなダウト野郎はいないと思います!

肉球は眺め奉り、しっかりケアしてお散歩に行ってもケガしないようにした上、揉み心地を良好に保ち続けることが自身の癒しに直結します。

相手は神の想像した最高傑作ですから、毎日しっかり感謝と愛情を持ってモミモミしましょうね。
神の創造した最高傑作って実は「肉球」なんじゃないかとモミモミしながらふと思った。を最後まで読んで頂きありがとうございました。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。