【モンテカルロマスターズ決勝】ケガ明け錦織圭 VS 赤土の王ナダル

 

こんにちは。錦織のマスターズ初制覇を祈ってやまないぽぽんです。

 

才能の違いを以前から認められながらも大きなタイトルを持たない錦織圭。

昨年から手首のケガに悩まされ、現在出場中のモンテカルロマスターズでも開幕当初は伏兵扱いにもなっていませんでした。

そんな彼が世界ランクTOP5を連日撃破して今夜はナダルとの決勝に臨みます。

 

 

 

下馬評

ラファエル・ナダル1.05倍に対し、錦織10.0倍

世界中のほぼ全ての人がナダル有利と見ています。

 

 

 

相手は王者ナダル

テニスに詳しくない方でもラファエル・ナダルを知らないという方はそんなにいないと勝手に思ってはおりますが、簡単に説明します。

  • BIG4と呼ばれるテニス界四天王の内の一人
  • 現在世界ランキング1位
  • 全仏オープン10勝
  • モンテカルロマスターズ10勝(2連覇中)
  • クレーコート勝率92%(錦織は70%)
  • 闘争心の塊
  • とんでもなく紳士

まさにテニス界のラスボスと呼ぶに相応しいですね。

 

 

 

怪我は厄介

そんな絶対王者ナダルに挑む我々日本人の誇り錦織ですが、手首の故障がまだ完全に癒えてない点も考慮され、開幕当初は伏兵とすら思われておりませんでした。

テニス選手に限らずアスリートにとって怪我は本当に厄介なもの。

あのジョコビッチでさえ未だに怪我の影響で本調子には程遠く、最近の大会は全て早期敗退。アンディ・マレーも腰痛が長引き復帰できていません。

リアルテニスの王子様フェデラーは怪我を恐れ、昨年に続きクレーシーズン全休を表明しています。

 

 

デルポトロは怪我から復活

とはいえ今年は素晴らしい前例があります。

錦織と同じく手首を痛め、一時ランキング1000位台まで落としたファン・マルティン・デルポトロが今年に入ってインディアンウェルズマスターズを制覇。

続くマイアミオープンでも、優勝したジョン・イズナーにこそ敗れはしましたがベスト4まで勝ち上がりました。

 

 

マスターズ初制覇はトレンド

何にでも流れというものはあり、昨年からマスターズ初優勝の選手が続々誕生しています。

  • A.ズベレフ
  • ディミトロフ
  • ソック
  • デルポトロ
  • イズナー

BIG4が以前ほどの調子を維持できない事に加え、新世代が熟成し、力を付けてきている事は誰の目にも明らか。錦織にとって頼もしい傾向です。

 

 

日本テニスファンの願い

女子テニス界では次世代のホープと目される大坂なおみが一足先にプレミア・マンダリーを制しました。

彼女は遅かれ早かれ必ずグランドスラムも手にすると日本人のみならず世界中の誰もがそう思っています。

同様に錦織圭にもそのレベルのポテンシャルがある事は周知の事実。

ここでナダルを倒してマスターズ初制覇を飾り、いずれはグランドスラム制覇を成し遂げてくれる事を願ってやみません。

 

 

【モンテカルロマスターズ決勝】ケガ明け錦織圭 VS 赤土の王ナダル

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。