レオナルド・ダ・ヴィンチの作品は510億でも買える財力があれば買うべき

こんにちは。510億に眉一つ動かなかったぽぽんです。

 

レオナルド・ダ・ヴィンチのキリスト画「サルバトール・ムンディ(Salvator Mundi)」がクリスティーズのオークションにて4億5030万ドル(日本円で約510億円)で落札された模様です。

やや浮世離れした値段ではありますが、むしろダ・ヴィンチの画に値札が付いていた事に驚きました。

 

私は美術に造詣が深い訳ではありません。ただ、そんな私ですらこの地球上で見た美術品から今まで経験した事のない衝撃的なオーラを感じ取った二つの作品があり、一つは「モナ・リザ(La Gioconda)」、もう一つは「最後の晩餐(L’Ultima Cena)」

言うまでもなく作者はレオナルド・ダ・ヴィンチです。

 

どんな絵を見ても「へー、うまいねぇ」と思う程度の感受性しか持ち合わせない芸術理解度ゼロを誇る私ですらも虜にさせる膨大なエネルギー。

それは世の中の天才論をどれだけ並べても恐らくは永遠に届くことのできない領域のさらに遥か右斜め上を行くほどの天才が生み出したものです。

 

少し非科学的な事ですが、私は最後の晩餐を見て以来、レオナルド・ダ・ヴィンチに対しては「ホントに同じ人類なのかな?」と思っていて

天才という言葉で片付けるにはあまりにも安易な、全理屈を超越した最も神に近いお方

 

 

この評価でもまだ物足りないくらい桁外れ。マジメに宇宙人か未来人、もしくはホントに神なのかと疑ってしまうほどの人物です。(ダ・ヴィンチの功績は他の優秀なサイトを覗いて頂ければ事足りると思いますのでここでは割愛致します)

 

そんなダ・ヴィンチの作品がお金で買えるなら「え?値札あるの?」って思う桁外れのブルジョワが世界中にどれだけいても全く驚きません。むしろ私にその財力があれば100%買います。残念ながら今の手持ちでは足りませんでしたが、稼げば買えるという希望を抱かせてくれました。

 

没後500年を経てなお、遠い異国のどうでもいいおっさんのモチベーションを上げてしまう異世界の魔法使いダ・ヴィンチ。

悪いことは言いません。今すぐあなたの尊敬するリストに名を連ねる事をおすすめ致しますとともに、まとめとさせて頂きます。

 

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品は510億でも買える財力があれば買うべき

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 


FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。