【京都記念】昨年のGⅠ馬4頭が始動だが、4つ巴ではなく一強の様相

こんにちは。昨年のクラシックはレイデオロとリスで心中したぽぽんです。

 

現4歳牝馬最強のリスグラシューは先週の東京新聞杯で成長した姿を見せてくれましたが、現4歳牡馬最強のレイデオロはどんなレースを見せてくれるでしょうか?

 

枠順

少頭数で施行されることの多い京都記念。今年も10頭と少頭数ですがGⅠ馬4頭をはじめ実績馬が多数出走しており、見応え十分の一戦となりそうです。

 

 

圧倒的一番人気が予想される⑥レイデオロ

恐らくは1倍台の人気を集めるであろう⑥レイデオロ

言わずと知れた昨年のダービー馬であり、最優秀3歳牡馬です。

ダービーを制し、秋初戦の神戸新聞杯では後の菊花賞馬キセキを子ども扱いし、菊花賞をスキップして挑んだジャパンカップではシュヴァルグランにこそ屈したものの当時の現役最強馬キタサンブラックに先着。

ですがキタサンブラックは泥田の秋天で8分のデキで激走した事に加え、有馬制覇に全てを賭けていた事を鑑みてもJCで先着した事実にはさほどの重要性はありません。

その後使えない状態ではないものの有馬スキップを即断したことこそが重要で、この馬の2018年の飛躍をあの名伯楽藤沢和雄が確信していることを裏付けています。

京都記念後に控えるのはドバイシーマクラシック。ここを本気で獲りに行くような馬が始動戦で無様なレースをすることは想像できません。圧倒的人気ですが◎以外の選択肢は無いと見ます。

 

二番手は本来⑩アルアインだが

昨年の皐月賞馬⑩アルアインはレースセンスの良さが持ち味。ただここはレイデオロが圧勝することが予想の根幹としてあるので、出走馬の中でレイデオロに真っ向勝負を挑まなければいけない立場にある当馬は直線で末脚勝負に賭ける伏兵にまで交わされる恐れがあります。頑張っても2~3着付けの対抗評価でしょう。

 

エリザベス女王杯馬⑤モズカッチャン

今回の施行コースで行われるGIを制している⑤モズカッチャン

もちろんミルコ腕が大きくモノを言ったのは否定できませんが、勝ったのは事実。そもそも牝馬クラシックで常に上位を争って来た馬であり、力量的にはここ通用ですが、今回はアルアインとレイデオロとの争いに加わりながらのレースになることが濃厚。残念ながら消しです。

 

秋華賞馬③ディアドラ

モズカッチャンとは対照的にエリザベス女王杯で大敗してから仕切り直しの一戦となることで立場上気楽なのが③ディアドラ

鞍上福永もここで勝つ必要はないのでいつも通りの着狙い騎乗でOKとなります。

他馬の仕掛けがやや前倒しになることが予想されますので後方で脚を溜めて2着まで届く可能性は大いにあります。

 

展開を作るのは⑦クロコスミア

レース展開は①プリメラアスール⑦クロコスミアがまず行きます。

先頭二番手にはまずこの2頭が躍り出る事はほぼ間違いないでしょう。

クロコスミアはかなり人気していますが、いかに道中が縦長の展開になっても今回はそう簡単に4角を迎える事はないだろうと思われます。モズカッチャンやアルアインに早々に来られて、ついでにレイデオロも早めに動くようなことになれば正直厳しいです。玉砕覚悟の逃げを打つなら可能性はありますが今回は人気ですので無難に乗るはず。それならば消す一手です。

 

④クリンチャー⑨ミッキーロケットの扱い

④クリンチャーは叩き良化型なので消し。

⑨ミッキーロケットは人気馬の後方に付けて直線に賭ければ重適性も含め一発があるかもしれません。

 

京都記念:まとめ

◎ ⑥レイデオロ

〇 ③ディアドラ

▲ ⑩アルアイン

△ ⑨ミッキーロケット

 

レイデオロ頭固定の3連単6点で行きましょう。

 

【京都記念】昨年のGⅠ馬4頭が始動だが、4つ巴ではなく一強の様相

を最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。