60年ぶりにワールドカップ出場を逃したイタリアだが、ブッフォンは必ず蘇る

こんにちは。ロベルト・バッジオこそイケメンの極みと信じて疑わないぽぽんです。

 

すこし耳を疑うようなニュースが入ってきました。

イタリアがロシアワールドカップ予選落ち

 

え??( ゚ ω ゚ ) ! ! 

 

2006年ドイツ大会などWCを4度制したあのアズーリが予選落ち?

当然のようにこのニュースは世界中を駆け巡り、大きな波紋を呼んでいます。

なにしろイタリアがWC本大会に出場できなかったのは60年前の1958年スウェーデン大会まで遡らねばなりません。(優勝はペレ擁するブラジル)

 

 

  • イタリアといえばファッション
  • イタリアといえばグルメ
  • イタリアといえば芸術

 

 

まさしくその通りなのですが、私にとってイタリアといえばブッフォン

  • 母国愛に満ち溢れ、国家を世界一激しく歌う情熱の男ブッフォン
  • PKの度に「これがブッフォンだ~~!」と熱実況させる鉄の壁ブッフォン
  • 「ブッフォン ドッキリ」で動画検索すると面白い男ブッフォン

 

数々の伝説を持つ最強GKブッフォンは今回のWC予選を最後にイタリア代表引退を表明しました。瞬時に各国のレジェンド達から惜別のメッセージが届いているようで、やはり世界中から愛されていたんですね。

 

そんなブッフォンが国際大会でもう見られない・・・・。

あの激唱を国際舞台で見る事はもう叶わないのか。

 

諦めるのはまだ早い

代表引退は表明しましたが、ブッフォンには次世代を育てるという大役が残されています。本人にその気があるかどうかは置いといたとしても、彼は隠居してのんびりいつまでもエスプレッソ飲んでる男では断じてない。

ブッフォンはいずれ代表監督に就任するはず。そうすればあの激唱にまた心打たれる事ができるじゃないですか!

そうと決まれば今後もアズーリを応援するしかない。

そしていつの日か、再びジュール・リメ杯を掲げる爺さんになったブッフォンを見たい。きっと世界中のファンもそう願っているはずです。

 

60年ぶりにワールドカップ出場を逃したイタリアだが、ブッフォンは必ず蘇る

を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。