失敗したときに言い訳したい気持ちは理解できますが、しないほうが得策ですよ

 「このハゲー!」

テレビを見るたびにどうでもいい議員さんが出てきます。一般市民にとってノイズでしかないような映像を何度も何度も飽きもせずご苦労な事です。別にあの人の秘書がハゲだろうがモサモサだろうがひたすらどうでもいいんですよ。公務中に人ひっぱたいて、暴言浴びせて、その場の音声まで録られる間抜けさまで露呈しているのにも拘わらず、「まだ議員は続けます」という鋼メンタルは称賛に値しますが議員として相応しくないというのは全国民の共通認識。

見たくもないからチャンネルを変えますが、今度は不倫議員。他にネタないのか?って思う程毎日毎日こんな程度の番組しかないので最近はあまり民放を見なくなりました。

カップル議員’sの一線は越えてません!ってのはゴムしてたから線引きされてるとかそういうレベルにしか聞こえません。国民の金を使ってデートして一線して一戦交えた末、豪快に全部バレて両成敗という絵に描いたような末路を辿っているのも拘わらず、やはりこちらも「議員はやめません」

言い訳リスト

  • ついカッとなって
  • ~が~してしまったから
  • 出来心で
  • うっかり
  • でもでも
  • だって

まじうるせえからこう返します

  • 怒りをコントロールできないのは自分の未熟
  • 人のせいにする前にその人の力量把握できず、ミスを補えなかったのは自分
  • 超遅延でもないかぎり電車やバスが5分10分遅れても間に合う
  • 自己抑制大事
  • でもでもだって → おまえメンヘラ?

言い訳をする人は大抵ダメダメちゃんです。だってもヘチマもないんです。ミスったならミスった事を素直にブチ撒けて迷惑掛けた方々に謝る。その後キッチリ原因を究明して今後どうやって同じミスを二回繰り返さないようにするかが大事なのです。言い訳ばかりする人は何度も同じ過ちを繰り返します。だから辞職せいと言われるんですよあの人たちは。

マスコミに常に監視されるようになってもなぜここまで辞職したがらない人が多いのかなって単純に考えましたけど、やっぱり働かなくても給与がよくて名声もあるってのが8割。あとは権力にしがみついてるのが2割。もしかしたら国民の事を本当に考えておられる方も1%くらいはいるかもしれませんが概ね自己の欲求のみを満たすのに最適なのがこの職業なのでしょう。

議会制民主主義のこの日本で1%の意見なんか通りません。ぶっちゃけ通したい法案があればNHKを使ってリモコンの青・赤・黄色・緑のボタンで国民の意見をダイレクトに反映させればいいと思いますがね。500人やそこらの多数決で決めてんじゃねーよって話です。

本来

  • 国民の中で優秀な人が法案を出す
  • 国民に是非を問う

現状

  • 投票してくれそうなヒマな人を納得させた人が議員になる
  • 消費税100%でも彼らの中で可決されればおk

遠い昔から一般市民は権力者からすれば牛馬と同じ扱いで、ヒトとして見られていないです。将軍達はそこそこ賢いので自分の保身を第一に考え、家畜が謀反を起こさず、且つ死なない程度の搾取という絶妙なバランスを取り続けています。そういうふざけた状況が当たり前のこととして認知されていることに早めに気付きましょう。

理不尽な当たり前に気付き、今現在の自分の置かれているその状況を冷静に分析し、少なくとも自分は家畜はイヤだ。という強い意志は持ち合わせておいて損はないと思います。おそらく今後の行動のベクトルが変わってくるはずです。

ご自身を社畜などと言っちゃってる人がいい例で、自分で独立する器量すらない者に対して、そんな人にでも出来る仕事を与えている会社にもう少し感謝すべきだと思います。現状社畜でイヤなら自分だけのビジネスモデルを作ればいいワケで、それをする努力や工夫が足りてないだけです。

ちなみに私も現役サラリーマンですが自分を社畜だと思ったことはありません。常に将来的に起業したときにどういった方針で物事を進めて行けばいいか絶えず分析しながら仕事をするので、いわばお金を頂いて学ばせてもらっている感覚ですね。

おそらく私は会社によって学ぶことを全て終え、会社にその分を還元し、もうやり残すことはないから次のステージに行こう。と自分で感じたらその時が辞職の時だと思いますし、定年までその日が来なかったらそこまでの器だったんだなと諦めます。

そういう準備をする時間がない、余裕がない、気力がない。言い訳は存分にあるでしょうが、所詮そこをなんとかするのは自分次第じゃないですかね。

失敗したときに言い訳したい気持ちは理解できますが、しないほうが得策ですよを最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します! 「最強説」へおこしいただきましてありがとうございます。 私は現在サラリーマンという素敵な肩書を持ちつつ、もう少し人生楽しむ方法はなかろうか?と毎日試行錯誤しながらブログを書いております。 とにかく笑って過ごしたい!常にそう考えてポジティブ過ぎるブログを立ち上げました。 皆様の一日に微かな笑いとともに、後日使えそうなちょっとしたトリビアをご提供できれば幸いです。いつでも遊びにきてくださいね。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。~の最強を証明してくださいとか大歓迎です。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。