美味しい野菜ランキングの王座に君臨するとうもろこしを分析してみた

このブログのオープニングを飾ったように、私はトマト信者です。トマトこそ最強、トマトこそ至高、トマトこそ赤、まぁ他にもいろいろトマトなワケですよ。

ですが先日こんな情報が私の元に飛び込んでまいりました。

Screenshot_2017-09-12-05-43-[73]

なんだと・・・?

トマトが五本指にも入らないという衝撃。さらに情報提供者によるとトマトはジャガイモと共にさつまいもの3位を支えているとのこと。なんともよくわからない支柱に格下げしないでくれよと思いましたが、ようするに王であるトウモロコシの側近にすらなれていないという現実があるそうです。

カレーや野菜炒め程度しか料理のできない私にも優しく、マックやケンタなどで多くの信者を確保しているジャガイモをもってしても側近にすらなれないというキングオブ野菜トウモロコシ。

こいつはやべえヤツだとゆーことで身辺調査をしてまいりました。

  • 世界三大穀物の一つ
  • 年間8億トン生産される
  • 人の食料や家畜の飼料
  • オイルも採れる
  • 漢字で書くと玉蜀黍

小麦や米と並ぶ世界三大穀物。三国志でいうところの魏呉蜀みたいなもんですかね。まばゆいばかりの光を放つ王様達は各方面で民の生活を支えています。

世界規模での年間生産量は8億トン。ちなみにトマトは1.7億トン。なんと約5倍の開き。

なお、5分前まで玉蜀黍なんて書けませんし読めませんでした。よく見ると蜀って入ってますね。コム魏とか呉メとかの表記にすると中国に世界制圧されちゃうから危険を察知した大人の事情が垣間見えてきます。テストに出そうなので覚えておきましょう。

このような実績とシェアを誇るトウモロコシですが、肝心の実力の程はとゆーと。

  • 焼くだけでおいしい
  • 茹でるだけでおいしい

なんという圧倒的手軽さ。そもそもとうもろこしは湯を沸かしてから採りに行けというほど鮮度に気を遣わなければいけない野菜ですが、即茹でして冷凍保存すればそこそこ長持ちします。バラしてバター乗せるだけで立派なおつまみになるのは有難い。

だがしかし、手軽さでは水洗い一発で即食できるトマトに一歩譲らざるを得ず、さらにトマトジュースのような飲料としてのパワーを持ち合わせているか?と今起きてきた妻に聞いてみました。

あんたは冬の寒空の下で一生懸命働く人を缶コーヒーと共に癒してくれる缶コンポタに神の息吹を感じないの?  

(´・ω・`)ヾ(・ω・`。)

美味しい野菜ランキングの王座に君臨するとうもろこしを分析してみたを最後まで読んで頂きありがとうございました。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。