世の中で最も褒められないブログ「最強説」ですらリスペクトしてみようじゃないか

さて、今日は何をネタに書こうかな? なんていつも考えているのですが、とにかくタイトルとコンセプトが幅広いので、ネタに困らないのが当ブログ更新の最大の利点ですね。
なにしろ、おおよそ目に付くものはなんでもリスペクトできるものであることと、とにかく褒め倒すので誹謗中傷とは程遠い内容にできます。

じゃあもしかして「最強説」ですらリスペクトできるんじゃないか?って考えてみました。

  • タイトルがかなり厨二病をこじらせている
  • 内容はかなり独りよがりで構成されている
  • 言葉遣いが変態
  • まだ開設して一か月程度
  • 読者が少ない
  • リンクも少ない
  • きれいにまとまっていない
  • そもそも筆者がカビ団子なおっさんなのできれいなワケがない

結論:いかついほどに並んだ誹謗中傷の嵐で、なにひとつリスペクトすべきところがない。

なんという悪魔的結論。思ってても言っちゃいけないことってありますがこれはヒドイ。
だがしかし、落ち込むことなど時間の無駄だと自分にマインドコントロールを施している私にとってこんな自演の誹謗中傷などどこ吹く風であり、むしろここまで取り柄のないところがむしろあっぱれであり、今後どう化けていくか見ものではないか。

欠点だらけというのはその分改善の余地があるということ

いわば欠点という短所は長所の裏返しであり、そこを認識して改善することによって物事や事象は飛躍的に向上していくんですよ。なにがダメでなにが良いかと必死に考える事を怠ってはなにも改善されないので、こうして数列自分のブログの短所を羅列するだけでも修正箇所がおのずと見つかります。つまり、今書いているこの文はブログそのものの確認のためにも有効で優秀な文だという事です。てことは最強説も優秀。はんぱない思考転換の完了です。

前述の短所が長所に変わった場合

  • このタイトルですら人を惹きつけられる
  • 独断だけでなく、コメントを頂けているのでそれが内容に反映できる
  • 言葉遣いや文字列が整っている
  • 力の続く限り継続されている
  • 読者が多い
  • リンクも多い
  • きれいにまとまっている
  • カビ団子から三色団子に

なんかすげーヤツになっちゃいましたよ「最強説」。
目標をここに定めてプロセスをしっかり構築してあとは実行に移すだけ。一応今現在もそうしているつもりですが、まだまだ努力が足りてないですね。

人が一人でできる事には限界があり、自分一人で全てができるとは思わないようにしなければいけません。このブログひとつを取っても読者さんがいなければ継続できませんし、コメントを頂く方も大勢いて欲しいですし、リンクは記事を掲載している数多のサイト作成者さんがいるからできる事です。

自分自身は周りにある全てに支えられて生かされている事を自覚し、全ての人や物に対して感謝と敬意を持って接する。

これからもその根幹の部分を大切にし、少しでも読者のみなさんに楽しんで頂けるようなブログを書き続けたいと思います。

慈悲の塊みたいな方は応援お願いします。

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。