2022年のGⅠで1番人気はなぜ負け続けるのか検証してみよう。

重賞レース回顧

GⅠ1番人気馬の連敗

安田記念の1番人気イルーシヴパンサーが敗れた事によって2022年上半期のG1レースはこれで1番人気の連敗は「11」まで伸びた。

こういう場合は皆一様に「呪い」という言葉を使いたがる傾向にあるが、果たしてこれらの馬はそのような非科学的な根拠によって馬群に沈んだのだろうか?

今一度脳みそを白紙の状態に戻し、2月のフェブラリーS~先の安田記念までの1番人気馬達が支持された理由と敗れた理由を振り返ってみよう。

フェブラリーS

1番人気:⑤レッドルゼル

戦前から川田がレッドルゼルに1600mは長いと公言。本来圧倒的に東京ダ1600m適性で上回るカフェファラオは前々走函館芝で惨敗、前走チャンピオンズⅭは出来不十分に不利な大外で参考外にも関わらず2番人気に評価を落とした。

こんなのはド順当な結果で呪いでもなんでもない。

高松宮記念

1番人気:⑦レシステンシア

2歳時のGI勝ちは好タイム、加えて5回あるGI2着の内3回はスプリント戦で他の人気馬がゴミ枠を引いた中、この馬は枠も絶好。

しかし蓋を開ければ3か月半ぶりの実戦はデビュー以来最高体重516(+18㎏)の牛ステンシア。それに加えてジャンダルムとバチバチやり合って前半3F33.4のハイペースで自滅。残り200mまで55.9で先頭なら頑張った方だ。

絞れた次走のヴィクトリアマイルでは枠と展開に恵まれたとはいえ3着に好走。

大阪杯

1番人気:⑥エフフォーリア

世界最強馬なので7~8分のデキと言われても当然の1番人気。

ゲートに激突して脳震盪で終戦。呪いがあったならココ。

桜花賞

1番人気:⑱ナミュール

チューリップ賞は権利確保必須の一戦となり鬼仕上げで圧勝。

さも当然のように本番はほっそりしてデキ落ちは明らかな上に大外枠。

スターズオンアースを最強と見ていたのは少数派だったようでナミュールの票数を上回れなかったようだ。

皐月賞

1番人気:⑫ドウデュース

能力に疑いの余地が無い馬で話題性も高く、基本的に不人気にはならない。前走の弥生賞は不利がなければという内容で実質無傷の4連勝みたいなもの。そして目の上のたんこぶと目されていたイクイノックスは大外、ダノンベルーガは最内と風はこの馬に吹いていた。

しかしながらスタート直後にオニャンコポンに寄られ一気に後方へ下がらされる痛恨の不利。直線だけの競馬で3着まで追い込んだものの前の2頭にあれだけ上手に乗られてはどうにもならなかった。

天皇賞・春

1番人気:⑱ディープボンド

戦前は2強と謳われながらも共に外枠。それでも2頭に人気は集まったが1番人気は過去7年で6勝の菊花賞馬タイトルホルダーではなく阪神大賞典を連覇したディープボンド。

5馬身差で菊花賞を逃げ切ったタイトルホルダーはここでも後続を7馬身突き放したが、直接対決だった有馬記念での敗戦がファンの脳裏に焼き付いていたのかも。

あの時はタイトルホルダーは致命的な大外で5着に奮闘しているが、それ以上に好枠だったディープボンドが(7分の)クロノジェネシスに先着したインパクトが大きかったのだろう。

NHKマイルカップ

1番人気:④セリフォス

世代の頂点最右翼と目されるドウデュースと2歳王者を争った実績を持ち、休み明けながら仕上がりは万全。問題は良くもなんともない④という悪枠。

ここは絶好枠を引いて大出遅れの⑬ジャングロ、同じく絶好枠の⑱ダノンスコーピオン、外枠なら能力的にもほぼ鉄だった①マテンロウオリオンが1番人気でもおかしくないレースだったが、⑫インダストリアが予想以上の人気を集めたため票が回らなかったのでセリフォスは妥当な1番人気と言える。

後述でスタートをわざと遅らせてまでマッハで内を避けた横山典マテンロウオリオンとは対照的にひたすらイン追走から直線もインという福永の駄騎乗祭りにより最後はシンガリ人気にまで交わされる始末。

完全にコース取りのミスではあるが、それでなくとも勝てたかどうかは微妙。

ヴィクトリアマイル

1番人気:⑬レイパパレ

金鯱賞と大阪杯で立ち回りに成長を見せたレイパパレ。同期の3冠牝馬との対戦は注目を集めたが、さすがに順調度に雲泥の差がある。さらには鞍上川田は桜花賞に続いて前週NHKマイルⅭも勝って春の芝1600mGIは2戦2勝。

とはいえここは本来1番人気ファインルージュが妥当な一戦。

レイパパレはスタートで地獄のメリーゴーランドを見せた後、無理に先行集団に取り付きに行くが最後は無理が祟った。

同じようにスタートで躓いても皐月賞を突き抜けた父ディープインパクトはつくづく化け物だと思う。

FavoriteLoadingお気に入りに追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました