逆走車に遭遇して人の底力を垣間見た

こんばんは。逆走車に危うく殺されかけた男ぽぽんです。

遭遇状況

  • 片側一車線両脇壁

  • 双方後続車有りなんで自らハンドル切ったら1億%事故確定
  • 逆走車が気付くまでに時間と距離を与え、また急ブレーキで後ろから突っ込まれるのを回避出来る限界ギリギリの減速
  • 死なない体勢で受ける事を意識
時間にして10億分の1秒未満だったと思います。
ギリ避ける時間を相手に与える事が出来ました。

回避への手順

  • 逆走するような脳でも前からヘッドライトが来ればおかしい事は解るはず。
  • 下手にパッシングやクラクションで相手を余計驚かせたりしないように。
  • 自殺志願者の巻き添えで死なないためには?
全部冷静に的確に瞬時に判断して最適解導くとか有り得ないですね。

人の持ってるヤバい底力を感じました。

なるほどこれが「全集中~」というやつか

 

 

 

これは本気でそう思ったのですがツイッターで書いちゃうと中傷されそうなので人目に触れないこのブログで。

 

 

FavoriteLoadingお気に入りに追加
シェアしてね(・ω・)

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します。 最果ての競馬ブログ「最強説」へお越し頂きましてありがとうございます。 いろんな方々と競馬をもう少し深く楽しめたらいいなと考えながらブログを書いております。 『勝つ事を第一に』常にそう考えて当てまくる競馬ブログを立ち上げました。 ①無駄な人気馬は容赦なく切る ②人気薄だろうが軸と決めたら潔く ③点数を拡げ過ぎない ④パドック重視 上記4点を軸として予想しておりますが、パドックは直前情報なので概ね①~③までがブログの内容です。 得意条件⇒新馬・未勝利戦と三歳オープン 苦手条件⇒古馬条件戦 玉石混合の三歳最下級と最上級は馬券を買うのにうってつけ。 逆にいつまでも団栗の背比べしている古馬条件戦はほぼ運ゲーという認識で買うべきではないと考えています。 そして競馬は一人一人が違う観点で見るからこそ、皆が楽しめるコンテンツとして成立しています。自分の予想は別にして、まずは全馬のポジティブな面を見て行く方針です。 このブログを訪れる人に常勝の日々を提供できれば幸いです。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。