第43回エリザベス女王杯(GⅠ)リスグラシューの力が2枚抜けている。問題は距離ではなく運

こんにちは。リスグラシュー溺愛ぽぽんです。

 

 

さて第43回エリザベス女王杯(GⅠ)

4度のGⅠ2着という悲しい勲章を一つのGⅠに変えたいリスグラシューですが、勝ち運がとにかくない馬という事でなんとこのメンバーで4番人気。。

とりあえず枠から入りましょうか。

 

 

 

 

枠順

連覇を狙うモズカッチャンは4枠7番

大好物リスグラシューは6枠12番

狙う穴馬はそう。大外です。

 

 

 

 

⑦モズカッチャン

この馬はまず取り上げないといけないでしょう。

昨年の当レースの覇者であり、今夏の札幌では強豪牡馬相手にタイム差なしの競馬。春の京都記念でもあわやのシーンを演出しています。

リスグラシューとの対戦比較でも相応の評価を与えられます。

断然の対抗馬ですね。

 

 

 

 

⑫リスグラシュー

アーモンドアイの登場と、レイデオロの復調までは正直今年の現役最強馬だと考えていました。

これまでもう少し事が上手く運べば今頃五冠牝馬だったのですが、私が大好きという事も一役買って現在無冠牝馬です。

春の安田記念は再三このブログで取り上げているように完全に参考外のレース。

昨年のエリザベス女王杯とオークスで大負けしていることから距離不安説が囁かれておりますが全くそんなことはありません。

距離に不安があるならもう少し終いキレるはずで、個人的見解ですがあのエンジンのかかりの遅さからそういう不安はないです。

オークスの敗因は直線のドン詰まり。エリザベスは福永の超絶駄騎乗と敗因がはっきりしています。

だいたい距離不安ならマイルCS行きますよ。アエロリットいても。

 

 

 

 

⑰ミスパンテール

前走の大敗で人気急落。いかにも穴っぽい。

 

 

 

 

第43回エリザベス女王杯(GⅠ):まとめ

◎ ⑫リスグラシュー

〇 ⑦モズカッチャン

△ ⑰ミスパンテール

 

 

人気の三歳馬など無視です。

リスグラシューが一番強く単複厚め、それと好勝負を続けてきた馬との一点が勝負馬券。

それにヒモパンテール絡めて古馬牝馬GⅠっぽく〆ていただきましょう。

 

 

第43回エリザベス女王杯(GⅠ)リスグラシューの力が2枚抜けている。問題は距離ではなく運を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: ぽぽん

はじめまして!ブログ運営者のぽぽんと申します! 「最強説」へおこしいただきましてありがとうございます。 私は現在サラリーマンという素敵な肩書を持ちつつ、もう少し人生楽しむ方法はなかろうか?と毎日試行錯誤しながらブログを書いております。 とにかく笑って過ごしたい!常にそう考えてポジティブ過ぎるブログを立ち上げました。 皆様の一日に微かな笑いとともに、後日使えそうなちょっとしたトリビアをご提供できれば幸いです。いつでも遊びにきてくださいね。 コメントやご意見・ご要望はお問合せにてご連絡ください。~の最強を証明してくださいとか大歓迎です。  

「第43回エリザベス女王杯(GⅠ)リスグラシューの力が2枚抜けている。問題は距離ではなく運」への2件のフィードバック

  1. リスグラ強かったですね!ここ見たの買った後だったからミスパンテールは被ってたんですが(なかなか見せ場ありましたよね)…ぽぽんさんそういえば前からリスグラリスグラ言ってたなーと。馬券は当たりませんでしたが、ぽぽんさん好きなリスグラ来たので良しとして来週もがんばろーてか外人強すぎーー

    1. 確実にGⅠを勝てる馬がようやく。。涙ですよ。
      有馬出てきたら勿論買いますよ。絶対人気無いしむしろ中心視。

      話変わりますが、こっそりまだ埋もれてる将来のGⅠ馬1頭見つけたんですよ。
      ダノンスプレンダーっていうんですが、馬体もオーラもすっごいのになぜか新馬で三番人気で鬼旨し。
      ダノンはファンタジーが名前上げてますけどスプレンダーは相当ヤベェと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。